えー吉えー吉

コメディタッチでけっこう笑えるのに、事件はけっこう本格派!の刑事ドラマ。。かなり良かったで。。天海祐希と竹野内豊のコンビが最高やな。。あと、「対策室」のメンバーも個性派ぞろいで楽しかった。。

ドラマ「Around 40」を観て、
今まで意外に食わず嫌いで
観てなかったけど、
案外ええかも、と思いだした
天海祐希さん。。

主演の刑事ドラマが
あったんで、
観てみたで!

その名もBOSS!

これは、かなり
良かったで!!

コメディっぽい要素も、
本格的な刑事モノっぽい
感じも どちらも楽しめた!

キャストも かなり豪華やし、
いうコトないドラマやと思うわ。。

。。じゃ、ワイの感想の続きとかは
このページの後半でな。。

ドラマ「BOSS」の情報

ジャンル:刑事モノ・コメディ・凶悪犯罪

どんな話?:対外向けに作られた部署「特別対策室」に集まったアメリカ帰りの女室長と「寄せ集め」の部下達の話し

評価 年代 話数
4.0★★★★☆ 【1】2009年【2】2011年 【1】11話【2】11話
  • 出演:天海祐希、竹野内豊、戸田恵梨香、玉山鉄二、溝端淳平、ケンドーコバヤシ、温水洋一、吉瀬美智子、成海璃子
  • 脚本:林宏司、西平晃太、徳永友一

■2016年12月16日時点での配信・商品ラインナップしているサービス
 

注:2016年12月16日時点の情報です。各サービスのラインナップは変更になる可能性があるので、公式ページで確認して下さい(上のロゴをクリックすると公式ページに移動します)。

ドラマ「BOSS」の見どころって?

  • 天海祐希と竹野内豊のコンビが最高!
  • 個性的な「対策室」のメンバーも面白い。。
  • 各話で登場するゲストも豪華キャストやで!
  • 意表を突かれるストーリー展開も けっこうある!

まず、このドラマ「BOSS」の
ええトコ言うたら、
天海祐希竹野内豊
コンビやと思うわ。。

この2人、警察署内では上司と部下
という役どころなんやけど、
同期でメチャ仲がええねん。。

部下になる天海祐希は
アメリカ帰りの敏腕刑事って
感じ。。

  • FBI仕込みの捜査スキルを持つ
  • 瞬時の判断力に長け、明確な指示を出す
  • 仕事に関しては他人にも自分にも厳しい
  • けっこうズケズケとモノを言う
  • 多少、嫌味っぽいところも。。
  • 私生活はルーズ(?)

って感じの「頼れるアネゴ」キャラ。。

。。で、署内に設けられた
「特別犯罪対策室」の室長に
任命されるんや。。

一方、竹野内豊は。。

「参事官補佐」という
偉いさんなんやけど。。

  • チャラ男
  • うぬぼれが強い
  • けっこう いい加減なトコロも。。
  • 部下の活躍で出世したいタイプ

でも、「やる時はやる」って
感じのキャラ。。

このコンビの掛け合いが
面白くて、けっこうハマったわ。。

。。で、天海祐希が
率いる対策室なんやけど。。

これまた、強烈に
個性的なメンバーが多いんやな。。

ちょっと
「寄せ集め」的に揃えられた
メンバーで。。

(くわしい事情は「あらすじ」で)

そんな役を

  • 戸田恵梨香(いつも寝てる)
  • 溝端淳平(元気だけが取り柄)
  • ケンドーコバヤシ(イカついオカマ)
  • 温水洋一(超うっかり者)
  • 玉山鉄二(組織が信じられない)

が演じてるんやけど。。

これが またキャラが立ってて
けっこう ええねんな。。

。。あと、各話ごとに
出てくるゲストも
かなり豪華やで。。

  • 武田鉄矢
  • 山田孝之
  • 志田未来
  • 生瀬勝久
  • 富田靖子
  • 反町隆史
  • 津川雅彦
  • 釈由美子
  • 古谷一行
  • 松下由樹
  • 谷原章介
  • 竹中直人
  • 坂口憲二
  • 西岡徳馬

などなど。。

このゲストと
対策室のメンバーの
絡みもけっこう見ものなんや。。

。。で、ストーリー的には
わりとコメディっぽく
テンポよく進む部分も
あって、けっこう観やすい感じ。。

でも、捜査に関しては、
FBI仕込みの「プロファイリング」や
科捜研と連携した
科学技術を応用した捜査
とか。。

見ごたえのある
ストーリーやと思うわ。。

あと、各話の結末に関しても
「アッ」と意表を突かれるような
ラスト
も多くて
楽しめたわ。。

キャラ良し、キャスト良し、
ストーリーも良し。。

おまけに音楽も
けっこう良かった。。

Superflyが1も2も
歌ってるんやけど。。

  1. 「Alright!!」(1,2共通のオープニングテーマ)
  2. 「Rollin’ Days」(2のエンディング曲)
  3. 「My Best Of My Life」(1のエンディング曲)

この順番に ええ感じやと思うで。。

ドラマ「BOSS」シーズン1・第1話のあらすじ

。。じゃ、
シーズン1・1話のあらすじを
言うていくな。。

このドラマ「BOSS」の舞台は
警視庁捜査一課に新設された
「特別犯罪対策室」。。

警察の検挙率が下がっている
事態を受け止めて
科学技術など最新の捜査方法を
駆使して捜査一課の補佐をする
目的で
作られた部署や。。

扱う事件は、
主に凶悪犯罪。。

そこの室長になったんが
大澤 絵里子(天海祐希)や。。

40歳独身の絵里子は、
元キャリア組やったが、
ある不祥事が原因で
アメリカに飛ばされ、
この異動で5年ぶりに
日本へ帰ってきた。。

彼女を強く推したんが、
絵里子とは18年来の同期、
参事官補佐の野立 信次郎(竹野内豊)。

絵里子のためというのも
あるけど、、

絵里子の活躍で
自分が出世するコトも
強く望んでた。。

(この二人はメッチャ
 仲がいいんや)

その二人の気持ちとは
裏腹に。。

上層部にとって
「特別犯罪対策室」は
対外向けの単なる「ポーズ」で
実際には全く力を
入れる気などなく。。

どうでもいい
「いらない」連中
各部署から集めてたんや。。

警視庁一のうっかり者と
言われている山村 啓輔(温水洋一)。。

やる気と元気は人一倍やが
捜査のイロハを知らない
交番上がりの23歳、
花形 一平(溝端淳平)。。

「朝が起きられない」ため、
科捜研から放り出された
木元 真実(戸田恵梨香)などなど。。

集まったメンバーに
がっかりする絵里子(天海祐希)やが。。

そんな対策室に
まず、最初の事件、
荒川区で見つかった
上半身だけ焼かれた
謎の焼死体の事件の連絡が入る。。

。。と、こんな感じで
ストーリーは始まってくんや。。

■2016年12月16日時点での配信・商品ラインナップしているサービス
 

注:2016年12月16日時点の情報です。各サービスのラインナップは変更になる可能性があるので、公式ページで確認して下さい(上のロゴをクリックすると公式ページに移動します)。

【ここからネタバレあり!】いろんな真相や結末など。。

。。じゃ、こっからは
ネタバレも含めて、いろんな謎の
真相や結末とかを話していくわ。。

まず、最初に
言っておかんとアカンのは。。

ワイ、実は
このドラマ、シーズン2から
観てしもうてん。。

。。で、かなり
時間が経ってから、
シーズン1を観てんな。。

最近は、ドラマを
観ながら けっこう詳細な
メモを取ってるんやけど、
「BOSS」に関しては
シーズン2の詳細な
メモがないねん。。

なんで、かなり
シーズン1に偏った
レビューになってしまうと
思うけど、勘弁してな。。

【片桐 琢磨(玉山鉄二)の謎。。】

まず、開始早々、
かなり謎めいた存在やったのが
この片桐
。。

  • 組織が信じられない
  • 拳銃を撃つことができない

って、感じで。。

これについては、
シーズン1の8話で
明らかにされるんや。。

片桐は、捜査一課に
いたんやけど、その時、
携帯に出ようとした
容疑者を誤って
撃ってしまった
という
過去があるねん。。

発砲命令が出てたんで
その状況で
片桐の取った行動は
間違ってなかったんやけど。。

参事官の屋田が
この発砲命令を出してたんやけど、
屋田は その書類を隠蔽。。

そのコトが原因で
片桐は組織が信じられなくなり、
銃も撃てなくなってたんや。。

でも、シーズン1の8話で
そのトラウマも解決して、
そっからは、拳銃が
全然撃てるようになった。。

【大澤 絵里子(天海祐希)の過去。。】

絵里子についても、
ちょっと謎めいた仕掛けが
してあったな。。

いつも、各話の終わりに
出てくる彼氏の存在
。。

(しかも その彼氏には
 刑事であるコトを隠し、
 商社に勤めてることにしてる)

そして、冒頭、ドラマは
絵里子が5年間のアメリカ滞在から
帰ってきた状態でスタートする。。

この5年間のアメリカ行きは、

「エリートコースから外れた」
「男のためにキャリアを棒に振った」
「不祥事が原因」

と怪しげなウワサが飛びかってた。。

。。この真相って
ちょっと ややこしいんやけど。。

やっぱり、彼氏が関係してんねん

彼氏の名は、
池上 浩(丸山智己)。

鳶職をしてる普通の人。。

なんで、普通の人と
付き合ってキャリアを棒に
振らんとアカンのかと言うと。。

浩には、
池上 健吾(石垣佑磨)という
弟がおるねん。。

この健吾が
犯罪組織「黒い月」にハメられて
無実やのに実刑を食らった
んや。。

。。で、その兄と
付き合うっちゅうのは、
警察では、ご法度になる
そうなんや。。

それで、絵里子は
アメリカ行き、
キャリア組から外れた。。

って、コトらしい。。

ちなみに最終話で
出所してきた健吾が

「警察は信じられない」

と言った時に、絵里子が

「あの時は、私はいなかった。
 でも今回は、私がいる」

と言ってたんで、
健吾のコトを知ってから
浩と付き合ったんではないみたい。。

浩は、

「弟のコトを探るために
 俺と付き合ってたんなら
 そんなオチはやめてくれ。。
 辛すぎる。。」

と言ってたんやけど、
それはないみたいやな。。

(ちなみに二人が出会ったんは
 絵里子のケータイを浩が
 拾ってくれた時)

最終的には、浩も
絵里子が刑事というコトを
知るんやけど。。

絵里子に、もういっぺん
アメリカ行きが決まってしまうねん。。

(それも やっぱり
 彼氏のせい?)

「今度こそ
 もう待たなくていいから。。」

って、絵里子から
別れを切り出すんやな。。

。。ちょっと話しが
飛び飛びなんで、最初は
よう分からんかったんやけど、

結局 整理すると
そういうコトやと思うわ。。

【シーズン1の結末は?】

10話で、なんと
我らが野立 信次郎(竹野内豊)が
黒幕では?
という疑惑が浮上するんや。。

  • 特別犯罪対策室は裏金プールのために作られた
  • 当日の警備を少なくした
  • シャッターの修理を頼み、「黒い月」の連中を中に入れた

などの条件が一致して。。

警視総監 誘拐の
首謀者なのでは?
という流れになった。。

でも、
これも結局は「芝居」やった。。

野立に疑惑の目が
向けられたコトを利用して、
本当の黒幕をおびき出す。。

そして、
野立がフェイクで絵里子に
撃たれた後に
こっそりと現れた男は。。

参事官の
屋田 健三(相島一之)やった。。

警視庁の裏金についても
屋田が行ってたコトやったんや。。

事件は一件落着やったが、
また絵里子は
アメリカに行くことに。。

(やっぱり浩と付き合っていたのが
 バレたせい?)

出発のため、空港にいる絵里子の
携帯電話が鳴る。。

電話に出て、終わり
という感じやった。。

画面には、

Until the next case

と出て、
続編があるコトを
におわせる感じで終わったんや。。

【シーズン1から2のつながりは。。】

シーズン2は、
野立参事官(補佐が取れた)が
過去を回想するシーンから
始まるんや。。

さっき話した
シーズン1の結末で、
事件は解決したかに
見えたんやけど。。

最後に絵里子に鳴ってた
ケータイ。。

あれは「黒い月」の
高倉 龍平(反町隆史)が
脱走した
コトを知らせる
もんやった。。

そんで、
「黒い月」のメンバーは
国家公安委員長の
黒原 健蔵(西田敏行)を
狙撃したんや。。

(一命は取りとめたんやけど)

木元が爆弾のフェイクに
引っかかってしまい、
狙撃犯を見過ごしてしまった
コトで、特別犯罪対策室は
解体。。

絵里子はそのまま
アメリカ行き。。

。。で、2年経って、
また特別犯罪対策室を
復活させる、という形で
シーズン2の話しは
始まっていくんや。。

【シーズン2の結末はこんな感じ】

シーズン2から登場してきた
絵里子と野立の同期で、
今は代議士の秘書をやっている
森岡 博(大森南朋)は、
実は日本版CIAの設立を
目論む組織
の一員やった。。

(実は、対策室のメンバー
 田所 幸子(長谷川京子)も
 森岡の指示で動いている
 メンバーの一人やった)

そして、総理暗殺を
目論んでいると見せかけて
バイオテクノロジー研究の
第一人者、西郡 住夫(神保悟志)の
暗殺を企てていた。。

絵里子もなんと、
この組織の一員から
体にウイルスを注入されて
しまい、死に直面するんや。。

しかしや。。

この組織の本当の黒幕は、
国家公安委員長の
黒原 健蔵(西田敏行)やった

というのがオチやった。。

2年前の事件では
自分に疑いがかからないように
ワザと自分に発砲させたという。。

そして、皮肉なことに
その真相につながる
暗号を解読し、それを
絵里子に伝えたんは、
黒原の娘、理香(成海璃子)
やった。。

結局 黒原は、
病院を抜け出した
瀕死の状態の絵里子に
捕まえられて、
終わり。。

という形になった。。

(絵里子も
 無事、助かった)

【シーズン1と2、どっちが面白い?】

。。ま、ワイは
シーズン2から見てしまった
っちゅう事情はあるんやけど。。

純粋にシーズン1の方が
面白いな。。
って思った。

対策室のダメダメな
メンバーが絵里子の
存在によって、
少しずつ変わっていく。。
という変化も面白かったし。。

シーズン2では、
その成長したメンバーは
キャラがちょっと弱くなったり
してたようにも思う。。

片桐については、
「組織が信じられない」
「拳銃を撃てない」
キャラやったんやけど、
それがシーズン1で
解決してしまったもんやから。。

「不器用キャラ」とか
新しい設定を
付け加えたけど、
イマイチ ピンと来なかったしな。。

。。あと、
シーズン2で新たに登場した
メンバーは ほとんどが
「裏切り系」や
というのも
どうかな。。って思った。。

ストーリー的には
面白い事件も2には
あったんやけど、
やっぱり素直に1の方が
面白いと思うな。。

【各話メモ&泣けるシーンを公開しとくで。。】

ワイが観ながら取ってた
各話のメモとか、泣けるシーンの
記録とかを一応のせとくわ。。

泣けるシーンは
時間を書いて(泣)マークを
入れてるんで。。

時間はアバウトなんやけど、
一応、また観てみたい時に
役に立つと思うんで。。

。。あと、
シーズン2のメモは
ほとんど ないんやけど、
ゴメンな。。

■■1-3話
女性を暴行
実はモデルが犯人
→これは驚いた!

■■1-4,5話 
特別対策室を引っ張る感じに。。
→劇

木元、実は誘拐されてた

山田孝之
カッコよかった

イジメを助けてくれた江川くんの復讐

5番目のターゲットは「自分」

1-5、40:00(泣)
絵里子が木元に説教
「もう泣いていい、見ないから」
ってセリフが良かった。。

■■1-6話 志田未来
頭のいい高校生の犯罪
死にきれてなかった
ノートを絵里子のジムのロッカーに
→騙した(支店)

木元が活躍

■■1-7話
富田靖子 キャスター役

34:00(泣)
退職届
「どうせ責任を取って首なんだけどな。。」

みんな、捜査再開

41:00(泣)
「小さい声を伝えるには
 力が必要」
→2人ころす

放送中に自白

彼氏・池上 浩(丸山智己)に
TV放送がバレる。

■■1-8話
片桐
どうせ、まだ撃てないんだろ?

片桐の過去
誤射してしまった→携帯を取ろうとしただけ

24:00(泣)
絵里子→片桐
「組織は信じなくてもいい。。
 でも、仲間は信じろ。」

射撃元オリンピック選手が犯人

最後に電話をしたのは奈々美だった。。

41:00(泣)
片桐
「花は私が代わりに。。」

池上 浩に電話するが、
留守電。。

折り返し、電話がかかってくる。。

絵里子
「え?」で続く。。

■■1-9話
片桐
パフェが好き

花形
ネグレクトの子供の対応で
世話になった先生(生瀬勝久)
→(実は犯人)

トラックの運転手がめった刺しに

父から虐待を受けていたのが、
自分も息子を虐待。。

兄弟は、サイトに送られたメールから
ターゲットを選択していた。

兄(生瀬勝久)は反対

弟を縛る

ほどいて3人目の犯罪を。。
(証拠を隠していない)


「どうせ捕まるんだろ。。」
「俺を一人で行かすの?」

解離性同一性障害だった。。
→つまり弟はいなかった

マウスの利き手が変わっていた。

弟の時は、普通に歩いていた。

絵里子
「罪を着せようとしていたのは
 紛れもなく先生」

対策室が謹慎処分に。。

■■1-10話
対策室→生活安全課の補佐に。。

総監と絵里子、
つながりがある?

警視庁の裏金汚職を片桐が聞く
(小野田も調べている)

連続ゴミ箱爆破事件
→絵里子の指紋が検出される

黙秘

池上 浩にあげた置き時計が
爆弾に使われた

絵里子と浩
「5年ちょっと前に携帯を拾ってもらって…」

弟・池上 健吾
→逮捕
→爆弾が爆発、けが人が出る

健吾
反政府組織「黒い月」との
関係を否定
→友人に貸した

池上 浩
「あいつ(弟)は
 人を殺めたりしない、絶対に」

絵里子
「誰であろうと、犯人は
 絶対に捕まえる」

29:00(泣)

「弟のコトを探るために
 俺と付き合っていたなら
 そんなオチは止めてくれ。。
 辛すぎる。。」

シャッターの修理
高倉がいる!

総監が危ない
→通じる者がいる

爆破したが、総監は無事

フェイク

対策室
裏金プールのための部署

野立
「行ってくれ」

高倉
「了解です、ボス。。」

野立に全てつながった!?

■■1-11話(最終回)
誘拐
バイト 「罪をかぶせたヤツ」 池上 健吾
→つまり無実やった

野立
対策室の立ち上げ(裏金)、警備を減らす、業者を呼んだ
→「黒い月」とつながってる?

24時間以内に仲間3人(最高幹部)の釈放

高倉(反町隆史)

池上 健吾
「自分で疑いを晴らす」
→以前から、絵里子は弟は無実だと思ってた

高倉→絵里子に電話

「小野田さんが危ない!」
→助かる

燃料気化爆弾
日本で解除できる人はいない→1人
→1話の武田鉄矢

絵里子
「殺人犯だろうが
 事件のためには頭を下げる。。
 それが私のプライド」

武田鉄矢→嘘をつく「赤」を切れ
絵里子→見破る「青」を切れ

池上 健吾の友人が「黒い月」とつながってた
→絵里子
「私が捕まえるから」

池上 健吾、逃げる(?)
「交渉の邪魔はさせるな」

24を意識?

絵里子を運転手に指名

高倉
「腐った日本を叩き潰す」
「『俺』が変えてやる」(我々じゃない)
→解放したヤツらをころす

野立
総監を撃つ

39:00(泣)
絵里子
「お願い、野立。。出てきて。。」

絵里子が野立を撃つ

屋田
USBを野立のポケットに

野立
「長いよ。。この芝居」

「ヤバいかも。。」
→バディ時代の暗号を使った

対策室は、屋田に盗聴されてた

野立
「総監を撃つから命だけは
 助けてくれ。。」
→胸の名刺入れに命中させる

池上 健吾に見えたのは
実は、花形やった

高倉
「また会うよ、必ず。。」

絵里子→池上 健吾に
弁護士 間宮貴子
を紹介
→なんかのコラボ?
→天海祐希が主演の「離婚弁護士」の役名
→スタッフが同じ

小野田、治った

池上 浩から電話
「弟のために動いてくれてありがとう」

絵里子→池上 浩
「今度こそ待ってくれなくていいから」

別れ。。

BOSS、行っちゃった。。

絵里子が空港で鳴ったケータイに
でて、終わり

Until the next case

■■2-1,2話
釈由美子、面白かった
→この展開は意外やった!

■■2-3話
山本耕史
「ストーリーがある」

42:00(泣)
あなた(父)の絵

■■2-4話
古谷一行、良い