えー吉えー吉

罪が罪を呼ぶ「負の連鎖」が見どころのドラマやな。。まあまあ楽しめたと思うで。。ドロドロしたストーリーを小泉今日子(キョンキョン)が熱演してるで。。

蒼井優ちゃんのドラマか映画を
観たいなぁ。。って
dTVで検索してみたら
出てきたドラマがこの
「贖罪」やった。。

主演は小泉今日子やねんけどな。。

。。で、感想としては
「まあまあ」やな。。

正直、ワイは
こういった暗いドラマって
よっぽど好きな人が出てなかったら
微妙やねん。。

(「白夜行」とかは好きやで。。)

しかも、蒼井優ちゃんも
1話しか出てなかったしな。。

。。でも、1話だけ観るという
選択肢もあったのに
最後まで観たというのは、
面白かったからやな。。

というワケでちょうど真ん中の
2.5より1ポイントだけプラスの
2.6という評価にしたで。。

。。じゃ、ワイのくわしい感想とか、
続きは このページの後半で。。

ドラマ「贖罪」の情報

ジャンル:犯罪・サスペンス

どんな話?:少女殺害に秘められた謎を追う

評価 年代 話数
2.6★★★☆☆ 2012年 5話
  • 出演:小泉今日子、蒼井優、小池栄子、安藤サクラ、池脇千鶴、香川照之
  • 脚本:黒沢清

■2016年7月30日時点での配信・商品ラインナップしているサービス
   

注:2016年7月30日時点の情報です。各サービスのラインナップは変更になる可能性があるので、公式ページで確認して下さい(上のロゴをクリックすると公式ページに移動します)。

ドラマ「贖罪」はどんな人にオススメ?

  • ドロドロの犯罪ストーリーが好きな人
  • 罪が罪を呼ぶ救われない話しが好きな人
  • 蒼井優ちゃんが好きな人(ワイ)

このドラマの
見どころっちゅうたら、
やっぱりドロドロのストーリーやな。。

波紋が広がっていくみたいに
罪が罪を呼び込んでいくんや。。

あんまり言うてしまったら
ネタバレみたいになってまうから
言わんけど、
話がどう展開していくのかは、
けっこうハラハラする感じやで。。

その中心人物にあたる役が
小泉今日子なんやけど。。

ええ雰囲気出しとったと
思うで。。

。。正直、ワイが
中学校の時は、キョンキョンは
アイドルやった。。

「中森明菜」派と
「キョンキョン」派に
別れとったんやけど。。

ワイは「中森明菜」派
やったんやけど、秘かに
キョンキョンも好きやったで。。

(えてして、思春期の頃は
 優柔不断やな。。男は。。笑)

そんなキョンキョンが
こんなけ罪深い役どころを
演じるなんて。。

時の流れを感じるわ。。

。。あ、
あと、蒼井優ちゃんは
1話だけにしか出てこないけど、
やっぱ、可愛かったわ。。

ちょっと可哀想な役なんやけど、
うまく演じてたで。。

ドラマ「贖罪」のあらすじ

。。じゃ、贖罪の
最初の部分を話していくで。。

この話は、お嬢様育ちの小学生
「エミリ」ちゃんが
ある男に殺害されてしまう
コトからスタートするんや。。

直前まで一緒に遊んでた
友達4人は、犯人と会話も
してるんやけど、
なぜか顔を思い出されへんのや。。

全然 捜査が進めへんのに
イライラして
エミリちゃんの親、
足立 麻子(小泉今日子)が
その友達4人を家に呼ぶんや。。

この時に、友達4人に対して
麻子が恐ろしいコトを言うんやな。。

「あんた達が馬鹿だから犯人が捕まらない」

「あんた達を絶対に許さない」

「絶対に犯人を見つけなさい」

「そうでなければ、私の納得する償いをしなさい」

「そうしないうちは1分1秒たりとも忘れない」

「逃げ出すことは絶対に出来ないので覚悟しろ」

。。これは、ほんま
ヒく台詞やなあ。。

まだまだ幼い子を捕まえて、
なんちゅうコトを言うんやと思うわ。。

こうして、罪の意識を植え付けられた
友達4人の15年後の姿を1話ずつ
見ていくコトでストーリーは
展開していくんや。。

■2016年7月30日時点での配信・商品ラインナップしているサービス
   

注:2016年7月30日時点の情報です。各サービスのラインナップは変更になる可能性があるので、公式ページで確認して下さい(上のロゴをクリックすると公式ページに移動します)。

【ネタバレ】かなり救われないラスト

ここからは、
ネタバレを含んでいくで。。

結局、さっきも話した内容で
友達4人のうち3人は、
罪の意識にさいなまれて
その後の人生も
歪んだ方向に行ってしまうんや。。

具体的には、
人を殺してしまったり、
殺されたりって感じやな。。

でも、そのうちの1人、
小川 由佳(池脇千鶴)は
麻子に言われたコトを
全然 真に受けてなかった。。

由佳は由佳で、
けっこうヒドい女なんやけど、

(姉のダンナを誘惑したりする)

こいつの人生が
一番マシにも見えてくるで。。

結局、麻子の暴言なんて
取り合わんかったら
良かったんやな。。

そして、ひょんなコトから
この由佳が
エミリ殺害の犯人に関する
重要な手がかりを麻子に
知らせるコトになるんや。。

麻子は由佳に
お礼を言ってたで。。

一番 真に受けてなかった
由佳がお礼を言われるなんて
皮肉な話しやけどな。。

。。ほんで、
最終の5話でいよいよ
犯人が分かる。。

エミリ殺しの犯人は、
麻子の元恋人の

青木 弘章(香川照之)
やったんや。。

青木は、昔
麻子と、もうひとりの女性
秋恵と三角関係にあったんや。。

しかし、いつしか
青木と秋恵は両思いに。。

それを妬んだ麻子が
青木と秋恵を陥れて
秋恵は自殺してしまうんやな。。

そして麻子は、秋恵の遺書を
隠したんや。。

そして、しばらく
青木と付き合っていた。。

やがて、麻子は
別の男と結婚。

かなり時間が経った ある日、
青木は偶然、麻子が
隠していた遺書を見つけ、
復讐のために
エミリ殺害を実行するんや。。

しかし、実は
エミリは、なんと
麻子と青木の間に
生まれた子やったんや。。

それを知った青木は
麻子の目の前で
電車にひかれ、
自殺する。。

麻子は
「私が殺しました」と
自供するが、
結局、青木は自殺と
断定される。。

。。こんな結末なんや。。

つまり、
悪いコトばっかり
してたんは、麻子やった
っちゅうコトや。。

しかも、なんの罪にも
問われてない。。

でも、一番
苦しむのは、当然やけど
麻子や、っていうのが
話しの筋やと思う。。

逆に今となっては、
「罪を償うコトができない」分、
一生その苦しみを背負って
生き続けないといけない。。

っちゅう、なんとも悲しい
話しなんや。。