えー吉えー吉

これは、けっこう面白かった!演劇チックな要素もあるエスパー達の話しや。。劇団員がかなり配役されてるけど、ええ味出してるで。。

ホンマに何の気なしに
映画の予告を見てて
気になった作品、
「曲がれ!スプーン」。。

ツタヤディスカスで借りて観て
みたで。。

これは、けっこう面白い!

感動する、っちゅうより
けっこう笑えて、
ストーリー展開が面白い
作品やな。。

劇団「ヨーロッパ企画」の
お芝居が原作になってる感じの
映画みたい。。

ちょっと映画「キサラギ」
似たテイストもあって楽しめたわ。。

。。じゃ、くわしい感想などは
このページの後半で。。

映画「曲がれ!スプーン」の情報

ジャンル:超能力・超常現象・コメディ

どんな話?:本物のエスパーを求めて全国行脚をする番組ADが。。

評価 年代 時間
3.7★★★★☆ 2009年 106分
  • 出演:長澤まさみ、川島潤哉、岩井秀人、志賀廣太郎、諏訪雅、中川晴樹、三宅弘城、辻修、寺島進
  • 監督:本広克行

■2016年11月22日時点での配信・商品ラインナップしているサービス
  

注:2016年11月22日時点の情報です。各サービスのラインナップは変更になる可能性があるので、公式ページで確認して下さい(上のロゴをクリックすると公式ページに移動します)。

映画「曲がれ!スプーン」の見どころは?

  • くすくす笑えるネタが多いストーリー!
  • エスパーたちの個性的なキャラ設定や演技もええ感じ。。

。。ま、この「曲がれ!スプーン」は
けっこうライトな映画やと思うわ。。

つまり、

「ゲラゲラお腹を抱えて大爆笑!」

するわけでもないし、

「ボロボロ涙を流すほど感動!」

するわけでもない。。

クスクスっと何度も笑えて
最後には、ほっこりとした感動も。。

そんな映画やな。。

そういう意味では
わりとストーリーも
よく出来てると思うで。。

あと、わりとメインで
出てくる役者さんは、
劇団員の人が多いんやけど。。

(あ、長澤まさみ以外な。。)

個性的なキャラが
うまくハマってて
ええ味出してる人が
多かったと思うわ。。

正直、あんまり有名でない
人も多かったと思うけど。。

あ、それと
長澤まさみちゃんは、
一応 主役なんやけど。。

何ていうんかなぁ~。。

演劇の要素には、
ガッツリ入ってない感じやな。。

超常現象を信じる
純粋で頑張り屋さんのAD。。

めちゃくちゃ ええ演技してた!
って感じでもないし、
悪い演技でもないし。。

あくまでも、メインどころは
劇団員たちの やり取り、
って形で、
主役やけどゲストっぽい感じかな。。

(ちょっと これ以上
 突っ込んでいくと
 ネタバレになってしまうんで。。)

。。あと、この映画は、
同じ本広克行 監督の映画、
「サマータイムマシン・ブルース」や「UDON」と
舞台設定や出演者がカブってたりという
面白さもあるみたいやな。。

なんで、この映画を気に入ったら
上の2つの映画も観てみると
ええかもな。。

(ワイも今度 観てレビューするわな。。)

「曲がれ!スプーン」のあらすじは、どんな?

。。んじゃ、この映画の
あらすじを冒頭部だけ言うてくな。。

この話の主人公は、桜井 米(長澤まさみ)。。

米は子供の頃、海に隕石のような
物体が落ちるのを見てから
超常現象を信じ続けてる女子や。。

仕事としては
超常現象バラエティ番組「あすなろサイキック」の
ADをしてる。。

コースケ・マツイ(ユースケ・サンタマリア)が
司会をしてる この番組は、
毎回、超能力者に技を披露してもらい。。

超常現象を肯定している中村康則(平田満)と
否定派の外山幸一(木場勝己)が
解説をしながら、
会場にいる視聴者が
「あり得る」「あり得ない」ボタンを
押して、判定をする。。

そんな番組やった。。

どうしても本物のネタがほしい
プロデューサー(甲本雅裕)は、
ある日、米(長澤まさみ)に
「地方廻り」を命じる
。。

視聴者からのお便りを元に、
本物のネタを探して
全国を旅するというモノ。

「ネタが撮れるまで
 帰ってくんなよ。。」

米は、1人機材を持って、
全国のエスパーを求めて
旅をするコトになった。。

。。って、こんな形で
ストーリーは進んでくんや。。

■2016年11月22日時点での配信・商品ラインナップしているサービス
  

注:2016年11月22日時点の情報です。各サービスのラインナップは変更になる可能性があるので、公式ページで確認して下さい(上のロゴをクリックすると公式ページに移動します)。

【ここからネタバレあり!】いろんな結末や感想など

。。じゃ、ここからは
ネタバレも入れて、、いろんな真相や
結末をワイの感想も交えつつ
話していくで。。

結局、この「曲がれ!スプーン」は
喫茶店「cafe de 念力」が舞台みたいに
なってて、この店内で
「マスター」「エスパー達」「神田」「米」が
行う やり取りがメインになってるんや。。

ホンマやったら、
マスターとエスパー達だけで
クリスマスパーティを楽しむはずやった
ところに、

神田と米が入ってきて、
ストーリーが展開していく。。

なんで、そこの部分が
「演劇」っぽくって、
楽しめる人には楽しめる感じやな。。

(ワイは、けっこう
 楽しめたで。)

【マスター・早乙女(志賀廣太郎)の過去】

喫茶店「cafe de 念力」のマスター、
早乙女が なぜ
こんな名前の喫茶店をしてるのか
というとやな。。

早乙女は、昔、きんじょで
野良犬に追いかけられ、
壁際まで追い詰められたコトが
あるんや。。

それを救ってくれたんが、
超能力者やった。。

それ以降、早乙女は
超能力に興味を持ち、
エスパーが集まるように
店名を「cafe de 念力」に
したというワケや。。

(最初は、メニューの
 エスプレッソを
 「エスパレッソ」に
 変えたが、それは
 あまりにも効果がなかった)

。。でも、
その「助けられた」のは、
突如、スポーツバッグが現れ、
それがコロコロと自分で
転がっていったからやった。。

犬はそれを追いかけて
早乙女は助かったんや。。

これは、実は
「細男」の神田(岩井秀人)の
特技やから、マスターを
助けたんは、エスパーじゃなく
神田やったんかもしれん
という
オチやった。。

【「曲がれ!スプーン」の結末は。。】

結局、細男・神田(岩井秀人)は
エスパーではなく、
ただの「ビックリ人間」やった。。

神田を取材した
米(長澤まさみ)は、
しかたなく「cafe de 念力」を
後にすることに。。

テレパシー使いの
椎名(辻修)が最後に
米に握手し、心を読み取ると。。

なんと、彼女は
純粋に超常現象を信じ、
全国を回っているのに
応募者は偽物ばかりだ

いう米の境遇を椎名は知ってしまう。。

さすがに
それでは、かわいそう。。
というコトで、
エスパー達は一計を案じるんや。。

サンタの衣装を着た
細男・神田(岩井秀人)が
河岡(諏訪雅)の
サイコキネシスで
空を飛ぶというモノ。。

(もちろん、米からは
 河岡の姿は見えないように
 して。。)

それを無事にカメラに
撮るコトができた米は、
すっかり満足そうな顔で
再び みんなと別れるコトに。。

最後に もう一度 米が
椎名(辻修)と握手をすると。。

椎名は、

「大丈夫です。誰にも言いませんから。」

という米の気持ちを
読み取るんや。。

つまり、米は
みんながエスパーやと
気づいていたんや。。

そんで、椎名の
テレパシーを逆利用した。。

。。でも、いつ米は
みんながエスパーやって
気付いたん?ってのは
ちょっと気になったな。。

そんな素振りは全然見せて
なかったと思うけど。。

【「曲がれ!スプーン」のラストシーンは。。】

米(長澤まさみ)の帰り道。。

米が駅のホームで
スプーン曲げに挑戦してると。。

なんと!
UFOが降りてくる。。

(その日は「あすなろサイキック」の
 特番でUFOとの交信をやっていた)

あわてて、カメラを
取り出す米。。

そして、ホームに落ちた
スプーンは曲がってる。。

キラキラした目で
UFOにカメラを向ける米。。

(けど、レンズのフタが閉まってる)

。。で、終わり。

超常現象はやっぱりある。。

そして、みんなが
エスパーになれる素質を持っている。。

そんな感じのラストかな。。