えー吉えー吉

ま、そこそこ楽しめた作品やな。。ストーリーは けっこう面白いねんけど、エグいシーンや壊れた人達が ちょっとシンドかったんで減点。。赤井英和、堂本剛、横山めぐみの一家は ええ味出してたと思うで!

最近、けっこう
観返してる野島伸司さん脚本の
作品。。

今回は、ドラマ「人間・失格」を
観てみたで!

野島伸司の黄金期の
作品の一つと言われてる
ヤツやな。。

感想は。。

そこそこ面白かったけど、
微妙な部分も。。

って、感じやな。。

正直、ワイ的には
ドラマ「未成年」や「高校教師」の方が
だいぶ好きやな。。

。。じゃ、ワイの感想の続きなどは
このページの後半で。。

「人間・失格~たとえばぼくが死んだら」の情報

ジャンル:学園モノ・イジメ・復讐

どんな話?:名門私立中学に編入してきた幸せな家族の崩壊

評価 年代 話数
★★★☆☆2.9 1994年 12話
  • 出演:赤井英和、堂本剛、横山めぐみ、桜井幸子、加勢大周、堂本光一、黒田勇樹、斉藤洋介
  • 脚本:野島伸司

■2016年12月3日時点での配信・商品ラインナップしているサービス
 

注:2016年12月3日時点の情報です。各サービスのラインナップは変更になる可能性があるので、公式ページで確認して下さい(上のロゴをクリックすると公式ページに移動します)。

ドラマ「人間・失格」の見どころ・イマイチな点

  • 赤井英和、堂本剛、横山めぐみの家族愛
  • けっこうハラハラするストーリー展開
  • 陰惨なシーン、壊れた人達がちょっと。。

。。正直、このドラマに
関しては、ワイも気に入った部分、
いらんかった部分とかに
分かれてて、ネタバレなしで
「ここが良かった!」って
話すのが難しいんやけど。。

とりあえず、ネタバレなしで
話しとくと。。

(くわしくは、ネタバレの項を
 見てみてな)

まず、良かったんは、

  • 赤井英和
  • 堂本剛
  • 横山めぐみ

この3人や!

役どころで言うと
「大場家」のメンバーに
なるんやけど。。

この3人は、ええ味を
出してるし、
家族愛、みたいなんも
良かったで。。

赤井英和は、
社会人野球で
そこそこ有名やった選手やけど、
引退してラーメン屋を
開業した父親役。。

頭がキレるわけではなく、
短気で不器用なトコは
あるんやけど、
メチャクチャ息子想いの
ええお父さん
なんや。。

堂本剛がその息子役なんやけど、
お父さんの想いに応えて
真面目で頭も良く、正義感もある
これまたメチャクチャええヤツ。。

横山めぐみは、
後妻なんやけど、
多少デリカシーがない
部分もあるけど、
裏表がなく、情に厚い感じ。。

。。だいたい、
こんな感じかな。。

。。あと、
野島伸司の黄金期の作品で
出演頻度が異様に高い
桜井幸子やけど。。

正直、この「人間・失格」では
ワイ的には それほど
良くなかった印象やな。。

。。あ、悪かった
というんやないで。。

今回は、
「ドジっ子キャラ」っちゅう
色づけがされてたんやけど。。

なんか、微妙やったな。。

。。ま、ドジっ子が
ダメやったんやないけど、
なんか、登場人物的には
グっと惹きつけられる
トコがなかったなぁ。。

ドラマ「高校教師」と「未成年」では
かなり ええ味を出してた
だけに、残念やな。。

。。あと、ストーリーとしては、
けっこう面白かったと思う。。

。。ま、正直
目を背けたくなるような
嫌な展開もある話しなんやけど。。

それも含めて、続きが
気になる引き込まれる要素は
十分にあった
と思うで。。

。。ほんで、こっからは
ワイ的にアカンかった部分やけど。。

ちょっと、陰惨なシーンが
多かった
な。。

ワイは刑事ドラマとかも
観るし、別に
そういうシーンを観たくない
っちゅうワケやないけど。。

陰湿すぎるっちゅうか、
ちょっとキッツいシーンが
多かったと思うわ。。

。。あと、
「加勢大周」と「堂本光一」
役どころ。。

この二人が
ちょっと病みすぎてて
ヒイてしまった部分はあった。。

。。ま、それが
ストーリーを面白くしてる
要素でもあるんやけど。。

いまいち
ハマり込めん部分でも
あったというのは、
正直な感想やな。。

「人間・失格」1話のあらすじ

。。じゃ、このドラマの
1話のあらすじを
サワリの部分だけ言うていくで。。

主人公は、大場 誠(堂本剛)。。

父の衛(赤井英和)が
ラーメン屋を開業するために
神戸から東京へ
引っ越ししてきたんや。。

衛は、関西鋼管という会社で
社会人野球をしていて、
オリンピックにも出たほどの
野球選手やったが。。

引退して、東京でラーメン屋を
することになった。。

父親に似ず、
成績が優秀な誠は、
私立の名門進学校、
修和学園に編入が決まる
。。

その頃。。

修和学園では、
物騒な事件が起こってたんや。。

飼育してたウサギが
血を抜き取られてころされた

というモノ。。

名門校なんで、
マスコミに騒ぎ立てられるコトも
恐れながら、なんとか
事態を収拾しようと考えてた。。

誠(堂本剛)が転校してきた
クラスは、3-A。。

クラスの担任は、
森田 千尋(桜井幸子)や。

ドジでおっちょこちょいで
その上 泣き虫という
ちょっと たよりなさそうな
先生やけど、性格は
良さそうな先生。。

やけど。。

このクラスでは、
イジメがある
んや。。

武藤 和彦(黒田勇樹)が
ターゲットになっていて、
誠が初めて登校した日も、
事件のあったウサギ小屋に
閉じ込められていた。。

それを発見して
助けてあげた誠やったが。。

それから。。

和彦(黒田勇樹)は、誠に
ひょこひょこ付いてくる
ようになる。。

結局 誠のラーメン屋まで
付いてきた和彦は。。

「僕と友達になってくれないかな?」

と誠に聞く。。

「口に出して言うのも
 照れるけど、、いいよ。。」

誠が答えると、

「そしたら、僕のコト
 守ってくれるね?」

と言って、カバンから
お金を取り出した。。

武藤
「これ、塾の月謝だけど
 なくしたコトにすればいいから。。

 毎月渡すよ。。

 うち、開業医だから
 お金はあるんだ。」

それを聞いて、誠は、

「武藤くんとは
 友達になれそうにないな。。」

和彦
「どうしたの?
 何を怒ってるの?」

誠は、お金をもらわずに
和彦を追い返した。。

。。と、こんな風に
話しは進んでいくで。。

■2016年12月3日時点での配信・商品ラインナップしているサービス
 

注:2016年12月3日時点の情報です。各サービスのラインナップは変更になる可能性があるので、公式ページで確認して下さい(上のロゴをクリックすると公式ページに移動します)。

【ここからネタバレあり!】真相や結末、感想など。。

。。じゃ、こっからは
ネタバレも入れて、このドラマの
いろいろな真相、各登場人物の結末、
ワイが泣けたシーンとかを
感想もいれながら話していくわな。。

まず、全体の話しをすると。。

ワイ的には、一番
感動したし、泣けたんは
やっぱり誠(堂本剛)が
死んでしまう前後やったな。。

特に死の直前の
衛(赤井英和)が誠と和解するシーン。。

これは、泣けたし
メッチャ微笑ましいシーンやった。。

。。ま、それ以外でも
感動するシーンはあったんやけど。。

やっぱり、感動を阻害してたんは、
森田先生(桜井幸子)の
微妙さやと思うな。。

12話完結のドラマで
なんと、10話まで
「誠がイジメられてたコト」に
まったく気づかなかった
という事実。。

掃除道具入れに閉じ込められて
失禁したり、
服もビリビリに切り裂かれたり
してたのに。。

まったく気づかんかったとは。。

って、感じやな。。

しかも、あろうコトか
イジメ以外の悪事を影で操っていた
新見先生(加勢大周)に対して
恋心を抱き、婚約までしてしまう
という。。

。。こういう部分は
ドキドキハラハラ感を生み出す
要素やと分かってるんやけど、
ちょっと このドラマでは
入り込むコトができんかったなぁ~。。

なんで、最終話で
森田先生が辞任する時、
生徒の前でやった
長ゼリフも いまいち
感動せえへんかった。。

あそこは、
クライマックスのシーンやと
思うんやけど。。

ワイ的には、ちょっと
ズレてる気がしたわ。。

【大場 誠(堂本剛)がイジメられた原因】

そもそも、なんで誠が
イジメられるようになったかと
言うと。。

当時、イジメられてた
武藤(黒田勇樹)を助けたコト、

そんで、ホームルームの時に、
「イジメをやるようなヤツは
 最低や!」
というような発言を
したから
なんや。。

次の日には、
誠の机の上に
牛乳瓶にイケられた
花が飾られてた。。

つまり、これは
新しいターゲットという
意味なんやな。。

【新見 悦男(加勢大周)の数々の悪行】

このドラマで、ホンマに
許せん「嫌なヤツ」として
君臨し続けた新見先生。。

その悪行を話してくと。。

誠(堂本剛)に譲った
古いカメラを
両親や森田先生には、
「なくなった」と臭わせる
発言をした。。

宮崎先生(斉藤洋介)の
女装写真を盗撮、
それを誠が撮ったモノだと
宮崎先生に思い込ませた。。

留加(堂本光一)の母親の
盗撮写真も同様に
誠が撮ったモノと思わせた。。

誠が森田先生(桜井幸子)に
書いたSOSのメモを隠滅した。。

宮崎先生の体罰の写真を
誠の死後、大場家に匿名で送る。。

同様に、誠の死の寸前の写真も
大場家に送る。。

。。結局、執拗に
新見先生が誠を狙ったのは、
誠に自分が万引きをしてる
現場を見られてしまったって
コトと。。

好きやった留加の気持ちが
誠に向かっているコトを
知ったから
やった。。

【大場 衛(赤井英和)の復讐のきっかけは?】

衛が復讐に走ってしまった
きっかけとしては。。

誠が彼女に書いていた手紙を
読ませてもらい、
誠が殺されたというコトを
知ったのと。。

新見先生が匿名で送ってきた
宮崎先生の体罰の写真を見て、
「誠が あの世から
 俺に復讐をしてほしいと
 言ってるんや」

と思い込んだからやった。。

。。でも、
この衛の復讐の部分も
ワイ的には、イマイチ
盛り上がらんかったな。。

最終的には、衛の口から

「頭の中では、分かってたんやけど。。

 もうひとりの俺がおった。。

 あの時の俺は人間やなかった。。

 だから、ためらいも感じず
 復讐ができた。。

 そんで、その時だけ
 誠の気持ちを
 何一つ分かってやれんかった
 自分の無念を忘れることができた。」

このセリフは けっこう
感動したんやけど。。

少なくとも、復讐してる時点では、
ちょっと気持ち的にヒイてしまったな。。

【それぞれの登場人物の結末は。。】

。。じゃ、それぞれの登場人物が
どんな結末を迎えたんか。。

簡単にザッと話してくわ。。

影山 留加(堂本光一)は。。

誠の死をきっかけに
体に異常はないのに
眠り続ける、という
状態になってしまう。。

そして、目覚めた時は、
すべてを忘れて
赤ちゃんみたいに
なってしまうんや。。

結局、母とともに
実家に戻るコトに。。

(。。でも、最後
 ハムスターに向かって
 「誠。。」と
 声をかけていたんや。。)

松野 裕次(反田孝幸)は。。

裁判でイジメの事実を
証言すると森田先生に言ったコトで
新たなイジメのターゲットにされる。。

結局、親の仕事を
武藤に止められるコトを恐れて、
証言はしないと言うんやが。。

自分を責め続け、
体育館で首を吊ろうとする。。

そこを
たまたま居合わせた衛に
助けてもらうんや。。

「誠は許すよ。。」

という衛のセリフは
グっときたな。。

武藤 和彦(黒田勇樹)は。。

いつしか、誠の幻聴を
聴くようになり、成績も
トップから113位に転落。。

完全に追い詰められて
自分の部屋に入ってこようとした
人(おそらく母か、家庭教師)を
カッターで切りつけてしまうんや。。

新見 悦男(加勢大周)は。。

結局、集めていた
「写真のコレクション」は、
森田先生に処分されてしまい、
1枚だけになった。。

駅のホームで その1枚を
眺めていると、後ろから
突き飛ばされ、電車にヒカれる。。

大場 衛(赤井英和)は。。

新見先生を襲ってる
現場を取り押さえられ、
逮捕。。

刑務所で、誠の幻影を
見るんや。。

誠は笑顔で
ボールを衛に渡す。。

(そのボールは
 なぜか、実在するんや。)

森田 千尋(桜井幸子)は。。

修和学園は、辞表を書いて
辞めたんやけど。。

別の学校で教師を続けていた。。

大場 夏美(横山めぐみ)は。。

衛からは、
「息子を犯罪者の子供にできない」
という理由で離婚を
迫られてたんやけど。。

ひとりで「なにわ亭」を
続け、しかも
息子の学も育ててきたんや。。

【「人間・失格」のラストシーンは。。】

時は、8年後。。

衛(赤井英和)は、出所した。。

空き地を通りかかると
一人の少年が、
ボールを追いかけて
走ってきた。。

衛がボールを取って
少年に投げてあげる。。

その時。。

「学、ご飯よ~」

と聞き慣れた声が。。

衛が少年に名前を聞くと

「大場学、7歳です」

と答えた。。

もちろん、声の主は
妻・夏美やった。。

最後、家族で
抱き合っているシーンで
終わり、や。。

。。けっこうエグい
シーンが多かった このドラマ、
それだけにラストは、メッチャ
甘いシーンで終わってる
感じやな。。

【泣けるシーン、プレイバック】

。。じゃ、「人間・失格」で
ワイが泣けたシーンを時間も
合わせてザッと紹介していくで。。

時間は、レンタルDVDのを
基準にしてるんやけど、
一応「目安」っちゅうコトで
たのむわな。。

・5話
32:30
衛と誠が母の墓前で話す
(↑ここから しばらくの
 シーンはメッチャ感動した!)

・6話
6:30
病室で悔やむ衛

9:50
病室で祈る衛

16:40
ノートを燃やしながら語る衛

26:15
誠が亡くなる知らせを受ける森田先生

34:40
衛が火葬場で暴れる

・7話
1:00
衛が誠の手紙を読む

・8話
14:30
衛が送られてきた封筒を見て泣く

39:00
衛が留加の母に頼み事をする

・9話
28:30
新見先生が過去の告白をする

39:00
留加の母が恋人と話し、泣く

・11話
23:40
衛が夏美に電話する。

・最終話
10:00
松野がイジメを告白、夏美に謝る

13:25
衛が松野を助ける
「誠は許すよ。。」

29:35
夏美が衛に面会する