えー吉えー吉

江戸時代にタイムスリップした現代の医者が、悩みながらも「人のため」に医術の道を切り開いていく。。けっこう感動できるドラマや!

綾瀬はるかちゃんの代表作とも言える
JIN -仁- をdTVで観てみたで。。

恋愛モノとしては、おとなしめやけど、
なかなか感動できるドラマやったな。。

。。じゃ、ワイのくわしい感想などは
このページの後半で。。

ドラマ「JIN -仁- 」の情報

ジャンル:タイムスリップもの

どんな話?:現代の医者が幕末に。。

評価 年代 話数
4.1★★★★☆ 【1】2009年【完結編】2011年 【1】11話【完結編】11話
  • 出演:大沢たかお、綾瀬はるか、中谷美紀、内野聖陽、小出恵介、武田鉄矢
  • 脚本:森下佳子

■2016年7月9日時点での配信・商品ラインナップしているサービス
   

注:2016年7月9日時点の情報です。各サービスのラインナップは変更になる可能性があるので、公式ページで確認して下さい(上のロゴをクリックすると公式ページに移動します)。

JIN -仁- の見どころは?

  • タイムスリップ系が好きな人なら。。
  • 大沢たかおと綾瀬はるかちゃんが好演!
  • 坂本龍馬とかの歴史上の人物が個性豊かに登場!

JIN – 仁 – は、
一言でいうと、
「タイムスリップ」系やな。。

現代のある医者が
幕末の時代にタイムスリップして
坂本龍馬とかと出会いながら
医者として頑張っていく。。

みたいな。。

医者の名は、
南方仁って言って
それを大沢たかおが
やってんねん。。

最初は、普通の医者の
兄ちゃんやったけど、
いろいろな出来事で
だんだん ええ男になっていく
感じや。。

そして、その仁を
健気に支えるのが、
橘咲や!

そう、綾瀬はるかちゃんや!

仁でも めっちゃエエ
演技してるで。。

今回は、武家の娘という
設定で、
賢そうで、一生懸命で
そして、秘かに
仁を想い続けるという役や。。

時代にそぐわんくらい
肌がキレイで光ってる
存在感やったわ。。

いろいろなコトで
苦悩する仁をいつでも
温かく包み込むような
感じも最高やったで。。

。。あと、今回
ワイが印象に残ったんは、
坂本龍馬役の内野聖陽さん!

びっくりするくらい
バイタリティに溢れてて
ただ者じゃない大物っぷりを
見事に演じてたで。。

内野さん、けっこう
スゴい人みたいやけど、
ワイ、知らんかったわ。。

。。タイムスリップ先が
幕末っちゅうコトで、
いろんな有名な歴史上の
人物が「仁」では
登場するんやけど。。

「へえ、こんな人やったんや。。」

って、ちょっと
イメージ変わるような人が
けっこうおったわ。。

。。ま、西郷どんは
西郷どんやったけどな。。

。。あと、中谷美紀さんも
良かったな。。

現代では仁の恋人役、
そして、幕末では
吉原No.1のおいらんの役を
演じてるんや。。

このおいらん役が
なんといってもスゴい!

身のこなしや しゃべり方。。

ちょっとハマり役やったと
思うで。。

。。登場人物別の
見どころは このぐらいで。。

ちなみに、JINは
ドラマとしては、
2シーズンになってるで。。

普通のJINと
完結編や。。

最初やって、人気出たから
2もやった、みたいな感じじゃなくて
最初から2までやる気やった
みたいな感じやな。。

なんで、
シーズン1だけ見ても
話しは中途半端な感じやで。。

JIN – 仁 – のあらすじ

ちょっと、さわりの方だけ
話しとくと。。

仁(大沢たかお)は
脳外科医の医者で、
腕はそこそこ良かったんやけど
あるトラウマを
抱えとったんや。。

婚約者の未来(中谷美紀)の
手術を失敗してしまって、
植物人間状態にしてしまったんやな。。

なんで、難しい手術は
どうしても断ってしまう。。

そんな悩みを抱えてたんや。。

それがヒョンなことから
幕末にタイムスリップしてしまう。。

直後、
いざこざに巻き込まれて、
斬られそうになったトコロを
恭太郎(小出恵介)に助けられるんやけど。。

代わりに恭太郎が頭に
ケガをしてしまうんや。。

それを現代の医学で
助ける(つまり手術)する
トコロから話しは始まっていくんや。。

ちなみに咲(綾瀬はるか)は
恭太郎の妹で、
兄の手術の様子を見て、
仁と医術に惚れ込んでしまう。。

っちゅう感じや。。

■2016年7月9日時点での配信・商品ラインナップしているサービス
   

注:2016年7月9日時点の情報です。各サービスのラインナップは変更になる可能性があるので、公式ページで確認して下さい(上のロゴをクリックすると公式ページに移動します)。

【ネタバレあり】ぶっちゃけの感想など。。

ワイにとって、
JIN – 仁 -は かなり
オモロかったで。。

幕末にタイムスリップした
医師がいろいろな苦悩を
抱えながらも医者としての
道を切り開いていく。。

仁(大沢たかお)と咲(綾瀬はるか)の恋の結末は。。

ただ、ラブストーリーとしては
もうちょっと展開ほしかったかな。。

シーズン1の終わりの方で
坂本龍馬に咲(綾瀬はるか)の気持ちを
聞いて、仁はやっと
咲は自分のコトが好きや
って気付くんや。。

。。ちょっと鈍感すぎやろ?

あんなキレイな人に
キラキラした目でいっつも
見つめられてたのに
10話くらいの間
気づけへんやなんて。。

。。ま、現代に
彼女(中谷美紀)を残してたんで
しょうがないかもしれへんけど。。

ほんで、完結編(シーズン2)の
序盤で、仁は
「一緒になってほしい」っちゅうんやけど
一回断られて、
それ以降、一切アプローチを
せえへんねや。。

「もっと押さんかい!」

って感じやろ?

。。ただ、そんな
コトがあっても
お互いに想い合ってた
気持ちがあったから

最後 現代に戻った時に
過去に咲が残した手紙を
仁が読んだ時は、
感動的やったな。。

ここがラブストーリー的には
一番の山場や。。

ただ、ラストに
歴史が変えられた状態の
未来(中谷美紀)の手術を
進んで仁が申し出るシーンが
ちょっと出てたんやけど。。

え?

またそこから未来との
関係が始まっていくわけ?。。

次は咲との想いを
断ち切るために
めっちゃ時間かかりそうやけど。。

仁の場合。。

って気がした。

賛否両論!のラスト。。

完結編のラストについては、

「めっちゃ感動的だった!」

「号泣しました。。」

という感想も多かったみたいやけど。。

  • パラレルワールドの概念がおかしい
  • 出口や入口が矛盾してるのでは?
  • 歴史の修正力で存在が消されてしまうなんて。。
  • 結局あの坂本龍馬の声を持つ「胎児」は何だったのか…

って、けっこう
「力ワザ」的なラストだったコトも
事実。。

。。でも、まあ、
細かい矛盾点や「?」は、
気にしなくて、ストーリーを
楽しんだモノ勝ちかなぁ~。。

って、ワイは思うで。。