えー吉えー吉

「やっぱり歌ってええなぁ。。」と思える作品。わりとストレートなストーリーやけど、合唱のシーンがけっこう泣ける!夏帆とゴリがそれぞれ、ええ味を出してくれてるで!

最近、注目してる夏帆ちゃんの
別の映画を観てて。。

予告編で紹介されてて
「面白そうやな。。」と思って
観てみたんが、この
映画「うた魂♪」

(こう書いて「うたたま」と
 読むらしい)

これは。。

う~ん、やっぱり
良かった!

。。正直、予告を
観ただけで、大体
分かってしまうような
シンプルなストーリーやったけど。。汗

「夏帆ちゃんの演技」
「合唱シーン」
とかが
良く、やっぱり泣いてもうたわ。。

。。じゃ、ワイの感想とかは
このページの後半で。。

映画「うた魂♪」の情報

ジャンル:合唱・学園モノ・恋愛

どんな話?:自意識過剰ぎみの女子高生とヤンキー合唱部の出会い

評価 年代 時間
4.0★★★★☆ 2008年 120分
  • 出演:夏帆、ゴリ、石黒英雄、薬師丸ひろ子、徳永えり、亜希子、岩田さゆり
  • 監督:田中誠

■2016年10月26日時点での配信・商品ラインナップしているサービス
  

注:2016年10月26日時点の情報です。各サービスのラインナップは変更になる可能性があるので、公式ページで確認して下さい(上のロゴをクリックすると公式ページに移動します)。

「うた魂♪」の見どころは、どこ?

  • この役はハマリ役!夏帆ちゃんがカワイイ!
  • ゴリがトガッたヤンキー合唱部長を好演!
  • やっぱり感動できる!合唱シーン

この映画の見どころと言えば、
やっぱり夏帆ちゃん!やと
ワイは思うで。。

「歌っている自分が好き」っちゅう
ちょっと自意識過剰っぽい
女子高生の役なんやけど。。

めちゃええ味出てんねんな!

ドラマ「乙男」の時の
コメディ寄りのキャラは、
イマイチやったんやけど、

この役は、ホンマ
ハマリ役やな~!

やっぱり夏帆ちゃんは、
笑顔が似合うな~。。

。。で、この映画の
もう一人のメインキャストとして、
ガレッジセールのゴリが出てんねん。。

ヤンキーなのに合唱部の部長
してる、というこの設定が
面白いな。。

(部員も全員、ヤンキーや。)

。。ただ、このヤンキー合唱部、
イマイチ ゴリ以外、機能してないのが
ちょっと微妙やったな。。

あとのメンバーは、めっちゃ
統率 取れててゴリの周りを
動いてるだけ。。って感じやった。。

。。ま、映画やし、
時間が限られてるんで、
ココはしゃあないかなぁ。。
とも思うけど。。

。。でも、やっぱり
良かったのは、合唱シーンやな。。

ゴリの率いる合唱部の
合唱も斬新で良かったし。。

夏帆の所属してる合唱部も
良かった。。

。。ちょっと、ストーリーが
ゴリ設定以外ありきたり過ぎる
感じもあるんやけど。。

やっぱり「歌」の力は
偉大で、けっこう泣くコトが
できたわ。。

映画「うた魂♪」のあらすじは。。

。。この映画のあらすじを
最初の部分だけ、書いておくと。。

冒頭、海岸でヘッドフォンをして
歌を歌ってる女子高生(夏帆)の姿から
始まる。。

きれいな歌声。。

。。そして、
歌っている女子、荻野かすみの
心の声が聞こえてくるんや。。

「みんな、私をどんな風に
 見てるんだろう。。

 最高の美少女だと
 思ってるんだろうな。。

 私は歌ってる私が好き。。」

うっとりと自分に酔いしれている
かすみ。。

しかし、遠巻きに彼女を
見ていた人たちが
つぶやいていたのは。。

「あの子、大丈夫かな。。

 今年は暑いからね。。」

って、ちょっと変な
心配をされてた。。汗

そして、そんな かすみ(夏帆)が
「歌っている自分」と同じくらい
好きだったのが、牧村純一(石黒英雄)やった。。

生徒会長でありながら
写真部にも所属してる牧村。。

その牧村に「かすみ」は
放課後に呼び出される。。

「きっと告白されるに
 違いない」と鼻血を垂らす
かすみ。。

しかし、牧村(石黒英雄)の
用事は、

「合唱を歌っている時の
 君の顔を写真に撮りたい」

っちゅうコトやった。。

「私の顔を写真に撮りたい」
というのは、
「私のコトが好き」ということに
他ならない。。

超前向き志向でノーテンキに
喜んでいた「かすみ」やが。。

。。て、こんな感じで
ストーリーは始まってくで。。

■2016年10月26日時点での配信・商品ラインナップしているサービス
  

注:2016年10月26日時点の情報です。各サービスのラインナップは変更になる可能性があるので、公式ページで確認して下さい(上のロゴをクリックすると公式ページに移動します)。

【ここからネタバレあり!】いろいろな真相や結末、ワイの感想など。。

。。じゃ、こっからは、
ネタバレあり、っちゅうコトで
いろんな真相とか、結末とか、
ワイが感動した部分とかを
話していくな。。

全体的には、
「合唱のシーン」と「ヤンキー合唱部」という
設定以外は、けっこう ありきたり感が
ぬぐえない映画やったと思うわ。。

【権藤(ゴリ)が昔出会った「裕子」というシンガーは?】

。。これは、権藤が合唱を始める
きっかけになった
話しで。。

尾崎豊の「OH MY LITTLE GIRL」を
歌ってた「裕子」という
謎のストリートシンガー。。

これは、本当に分かりやすかったな。。

かすみ(夏帆)の合唱部の顧問をしてる
瀬沼先生(薬師丸ひろ子)!

ワイが小さい頃、薬師丸ひろ子さんは、
歌手もやってたんで。。

歌声と、雰囲気で一発で
分かってしまったで。。

【レナ(岩田さゆり)はなぜ かすみ(夏帆)を嫌う?】

この映画の序盤から、
レナは、「かすみ」の「敵」として
何かにつけて おとしめようとしてくるんや。。

。。でも、これには
事情があった。。

小学校の頃、音楽の授業で
「フニクリ・フニクラ」を
うまく歌えなくて、
レナは恥ずかしい思いをした。。

そこに、自慢げに
上手に歌った「かすみ」に
対して、敵意を持ったという
わけのようや。。

。。ちょっと、これは
ハッキリとは分からんかったん
やけど、昔、レナと「かすみ」は
普通に仲良しやった。。

そのコトを知った、かすみは、
レナに謝るんや。。

「許してもらえるとか
 思ってないけど。。

 でも謝っておきたかったんだ。。ごめん。。」

って言って。。

「遅すぎに決まってんじゃん。。」

と答えたレナやけど。。

まんざらでもない様子やった。

昔のように、仲良しに
なった感じはなかったけど、
明らかにレナはそれから
態度が変わったという感じやな。。

【かすみ(夏帆)と牧村くん(石黒英雄)の恋の行方は】

大好きな
牧村くんに「歌ってる時の顔を撮りたい」と
言われて、有頂天になってた
「かすみ」やけど。。

「歌ってる時のユーモラスな顔が
 撮りたかった」
という真意を
知って、奈落の底に叩き落される。。合掌

しかも、レナ(岩田さゆり)からは
「牧村くんと付き合いだした。。」と
言われて、もう絶望的。。

と思えたんやけど、
これは、ウソやった。。

(さっき話した謝罪の時に
 レナが「あれはウソ」というコトを
 「かすみ」に伝えた)

牧村くんも「ユーモラス」って
なんで言ってしまったのか、
後悔してた。。

どうやら、牧村くんも
「かすみ」のことは
まんざらでもなさそう。。

そんな フワっと
した感じで、和解して
映画の中では終わってる感じ。。

【この映画の結末は。。こんな感じ】

映画「うた魂♪」の結末は、
コンクールで締めくくられるんや。。

権藤(ゴリ)率いる湯の川学院の合唱部は、
「服装がふさわしくない」というコトで
出場が危ぶまれてしまう。。

それを今度は、かすみ(夏帆)が
叱咤激励する。。

「タイマン張りなよ!」

「見てくれや体裁を気にすんなよ!」

って感じで。。

(「タイマン張る」って表現は
 間違ってると思ったんはワイだけ?)

。。で、全員 真面目な服に着替えて
尾崎豊の「僕が僕であるために」を
熱唱。。

(ワイ的には、映画の中盤に出てきた
 同じく尾崎豊の「15の夜」の方が
 泣けた。。
 「僕が僕であるために」は、
 変な振り付けだったんで、
 ちょっと感動できんかった。。)

「かすみ」が属する七浜高校合唱部は、
ゴスペラーズの「青い鳥」を
熱唱。。

(ゴスペラーズのメンバーが審査員で
 出演してた)

。。結果、七浜高校が優勝!

恒例のアンコールで
「かすみ」達が歌ったのは。。

MONGOL800の「あなたに」!

これが、なんか最高に良かった!

会場のみんなが徐々に立ち上がりだし、
そして、みんなが歌いだし、
最後は大合唱に。。

このシーン、本当に
最高に泣けたな。。

そして、映画は、
「かすみ」のこんな心の声で終わるんや。。

「これがハーモニーなんだ。。

 歌うって、こんなに
 気持ちがいいコトなんだ。。」

いやぁ~。。最高やな。

ビバ!合唱!