えー吉えー吉

これはかなり笑えた!堺雅人がハチャメチャな「無敗弁護士」を好演してるで。。社会派コメディ好きなら是非!のドラマやな。。

この「リーガル・ハイ」ホンマにオススメやで。。

「弁護士モノ」「コメディ」が好きなら
間違いなくハマると思うわ。。

。。じゃ、またワイのくわしい感想とかは
後半で、ゆっくり。。

「リーガル・ハイ」の情報

ジャンル:弁護士モノ・コメディ

どんな話?:無敗記録を持つ敏腕【性悪】弁護士が難事件を弁護する!

評価 年代 話数
4.6★★★★★ 【1】2012年【2】2013年 【1】11話+SP【2】10話+SP
  • 出演:堺雅人、新垣結衣、里見浩太朗、生瀬勝久、岡田将生、小雪
  • 脚本:古沢良太

■2016年7月27日時点での配信・商品ラインナップしているサービス
 

注:2016年7月27日時点の情報です。各サービスのラインナップは変更になる可能性があるので、公式ページで確認して下さい(上のロゴをクリックすると公式ページに移動します)。

「リーガル・ハイ」の見どころ!

  • 堺雅人演じる無敗の【悪徳】弁護士がオモロイ!
  • 各事件もなかなか楽しめるストーリー展開
  • 豪華なキャストがドラマを一層盛り立てる!

見どころは、ホンマたくさん
あるんやけど、
あえてポイントを絞って
言うていくと、

★まず、主人公のキャラ!

やな。。

堺雅人さんが演じる
古美門 研介は、
無敗記録を持っている
敏腕弁護士なんやけど。。

「金のためなら何でもする」
感じの男や。。

  • 勝つためなら犯罪スレスレも平気でする
  • 早口で理屈をこねまくる
  • かなり口が悪い
  • 女にはかなり だらしない
  • かなりお調子者
  • 思い通りにいかないと子供のようにダダをこねる
  • ムダ使い・贅沢が大好き
  • 髪の毛はピッチリ七三分け

という、魅力たっぷりのキャラを
堺雅人さんが好演してるんや。。

ワイもこのキャラには
ほんまハマってもうたわ。。

。。ほんで
主人公のキャラもええんやけど、
毎回起こるいろんな事件の
ストーリーもけっこう面白いんや。。

天才子役が母親を訴えたり、
あるキャラクターの発案者が
自分の会社を訴えたり。。

普通は「勝てない」と思う案件でも
「あらゆる手段」を使って
弁護人を勝たせる。。

そんなストーリー展開も
「リーガル・ハイ」の魅力やな。。

  • 主人公のキャラが立ってる
  • ストーリーも面白い

それを盛り立てる
他のキャストも
これまた個性的で
キャラが立ってるんや。。

新垣結衣は、主人公の事務所で
働くのだが、マジメで
真実と法に基いて裁判は
行われるべきだという
まったく反対の考え方を持っている。。

この2人の対照ぶりが、
ホンマにおもろい。。

他にも、
里見浩太朗、生瀬勝久、
岡田将生、などが
それぞれ個性的なキャラで
話しを盛り上げてくれるんや。。

他にも、ゲスト出演で出てくる
役者さんも豪華な顔ぶれやで。。

  • 伊東四朗
  • 鈴木保奈美
  • 鈴木京香
  • 松平健
  • 広末涼子
  • 小雪

などなど。。

スゴい豪華なキャストが
絡んでくるで。。

そういうのも「見どころ」の
一つやな。。

リーガル・ハイの「あらすじ」は…

。。じゃ、1話がどう始まるか。。

あらすじの部分を言うていくで。。

新人弁護士の黛 真知子(新垣結衣)は、
初めて担当した裁判で
「殺人を犯した」と自白するように
強要されたと主張する青年の弁護をしたが
負けてしまうんや。。

黛は、三木 長一郎(生瀬勝久)の
事務所に所属していたんやけど、
担当を外されそうになるんやな。。

でも、青年の訴えに嘘はないと
信じた黛は、なんとか
真実を証明したいと頑張るんや。。

そんな黛に、
「この人なら。。」と
三木の秘書の沢地 君江(小池栄子)が
紹介してくれたのが。。

古美門 研介(堺雅人)やったんや。。

早口でまくし立てられたあげく、
弁護料は、3000万円だと黛につめよったんや。。

あり得ないと思いながら、
沢地にも説得され、
泣く泣く3000万を用意することに。。

。。って感じで話が
始まっていくんや。。

■2016年7月27日時点での配信・商品ラインナップしているサービス
 

注:2016年7月27日時点の情報です。各サービスのラインナップは変更になる可能性があるので、公式ページで確認して下さい(上のロゴをクリックすると公式ページに移動します)。

【ネタバレあり!】ラストのオチと、古美門の真相は…

実は、リーガル・ハイには
1と2で それぞれ
引っ張ってる謎があるんやけど。。

1は、三木(生瀬勝久)と
古美門(堺雅人)が
いがみ合っている理由のひとつ、
「沙織」についてやけど。。

これは、ハムスターやった
ってゆうオチや。。

。。で、2では

羽生(岡田将生)が
黛(新垣結衣)の写真を
見つめているシーンが
何度もあるんやけど。。

実は、羽生は、
黛ではなく、
となりに写っている
古美門(堺雅人)のコトを見てた。。

古美門のコトが
好きやったっていうオチなんや。。

どっちもズッコケ系やけど、
引っ張りまくられたんで、
思わず笑ってもうたわ。。

。。ま、全部
こんなオチャラケた話しかと
いうと、そうでもないんや。。

リーガル・ハイ1の9話では、
古美門の村民を奮い立たせるための
演説が、本当に感動的やったで。。

罵詈雑言がたくさん
つまった彼らしい演説やったけど、
ココにはオチがなく、
古美門の「正義」が見られるで。。

少年の頃、友達に
「サンタクロースはいない」コトを
教え、父親から叱られた経験がある古美門。。

歪んではいるけど、
信念を持って仕事をしているのが
たま~に語られる時は、
そのギャップに「グッ」っと来るで。。