えー吉えー吉

これは、男のワイにとっては「まあまあ」の作品やった。小泉今日子が書いた短いエッセイをモチーフにして作られた、女とパンツにかかわる5つのショートドラマ。各話は「半分ドラマ、半分トーク」という構成や。門脇麦ちゃんが、全編通じて出演してて、ええ味出してるんや。。

TSUTAYAディスカスで、
何とはなしに、次観るドラマを
探してて、
目についたのが、この
ドラマ「戦う女」。

「小泉今日子原作」というのに
興味を持って観てみたんやけど、
感想は。。

ま、ぼちぼちって
トコかな~。。

話し自体は、悪くないし、
構成というか作りが けっこう
斬新な感じ。。

でも、「小泉今日子原作」に
食いつきすぎると、
路頭に迷ってしまうかも。。

。。じゃ、ワイのくわしい感想の続きは
このページの後半で。。

ドラマ「戦う女」の情報

ジャンル:女性・恋愛・ショートドラマ

どんな話?:各年代の女とパンツにまつわる5つの物語。

評価 年代 話数
2.7★★★☆☆ 2014年 5話
  • 出演:門脇麦、山中崇、原舞歌、小松もか、岸井ゆきの、吹越満、伊藤歩、竹厚綾、高岡早紀
  • 脚本:垣内美香、高崎卓馬

■2017年1月13日時点での配信・商品ラインナップしているサービス
 

注:2017年1月13日時点の情報です。各サービスのラインナップは変更になる可能性があるので、公式ページで確認して下さい(上のロゴをクリックすると公式ページに移動します)。

ドラマ「戦う女」の見どころ・イマイチなトコ

  • ドラマとトーク・半々という構成が。。
  • アンニュイな「パンツ屋」門脇麦が最高!
  • 「小泉今日子 原作」がアオリ過ぎ?

まず、このドラマ「戦う女」は、
構成がちょっと変わってるんや。。

全部で5話なんやけど。。

5話とも別のストーリーに
なってて。。

しかも、各話は
ドラマとトークが半々ずつって
感じなんやな。。

構成とかデザインとかが
ちょっと凝ってて、
悪くない感じなんやけど。。

ちょっと正直トークが
長い感じがした
わ。。

基本、女子向けの
ドラマなんかなぁ~
って
気がしたな。。

(トークは けっこう
 まったりした
 ガールズトーク系やねん)

。。ただ、
全編に出てた門脇麦ちゃんは
良かったな~。。

「パンツ屋」の
オーナー店長
って感じの
役どころなんやけど。。

(ひとりで
 やってるっぽい)

店の名前を気分によって
変えたりして。。
なんか、「不思議系」の
女性
って感じなんやな。。

でも、どこか
人生を達観してるような
トコロもあり
。。

セリフとかは、
少なめなんやけど、
けっこう
存在感を放ってたと思うで。。

。。で、あと
けっこう、全面に押し出されてる
感のある「小泉今日子 原作」って
トコなんやけど。。

結局は、小泉今日子が書いた
エッセイを元に
作られた5つのストーリー
って
感じなんや。。

(くわしくは、
 ネタバレのトコで話すわ)

ワイも そうやったんやけど、
過度に「小泉今日子」の面影を
探してしまうと、
混乱してしまうかも
しれんな。。

(ワイもちょっと
 混乱した)

そのエッセイは、実は
Webで公開されてるんで、
「あくまでも小泉今日子を
 追いたい」という人は
まず、エッセイを読んでから
ドラマを観た方が
すんなり理解できる

思うわ。。

ドラマ「戦う女」の原作になったエッセイ>>

。。あと、このドラマの主題歌
チャラン・ポ・ランタン「戦う女」は、
ええ感じやった
な。。

ドラマのために書いた
「非売品」のモンらしいけど。。

このドラマが持つ
ケダルい感じ
そのままの曲で、
ええ雰囲気 出てたと思う。。

ドラマ「戦う女」第1話のあらすじ

。。じゃ、ドラマ「戦う女」の
1話のあらすじを冒頭部分だけ
話してくな。。

まずは、こんなナレーションで
始まる。。

「私はそんな母にとって
 動く着せ替え人形だったのだと思う。。」

。。で、編み物をしている母(篠原ゆき子)と
子(小菅 汐梨)の姿が映る。。

子は、母親の
編み物が完成するんが待ち遠しそうな様子。。

その時、父(山中崇)が
フラ~っと外出しようとする。。

。。が、それを
母が呼び止めるんや。。

母「どこに行くの?」

父「ちょっと、ガソリンを入れに。。」

母「用事がないなら、私を送ってくれない?」

明らかに、都合な悪そうな
父(山中崇)やけど。。

母(篠原ゆき子)の主張としては、
父は、いっつもブラブラ出かけるが、
自分には「自分だけの時間」が持てないでいる。。

用事がないなら、今日は
自分を一人にして、子(小菅 汐梨)を
面倒をみてほしい。。

口論になってしまうんやけど、
結局 売り言葉に買い言葉で
父は、子の面倒をみるコトになった。。

父と子、二人きりで
車に乗っていると。。

父は、

「今日は、お客さんが来るかもしれない」

と言い出した。。

来るのは、「先生」やけど、
子の知っている先生ではない、
とのコト。。

その「先生」の家から出てきたのは
若い女性(門脇麦)。。

かなり言い争っていたが、
結局、「先生」も車に乗り込んだ。。

。。こうして、父と子、
そして「先生」と呼ばれた
女性(門脇麦)という3人の、
奇妙なドライブが始まる。。

。。と、こんな感じで
ストーリーは始まっていくんや。。

■2017年1月13日時点での配信・商品ラインナップしているサービス
 

注:2017年1月13日時点の情報です。各サービスのラインナップは変更になる可能性があるので、公式ページで確認して下さい(上のロゴをクリックすると公式ページに移動します)。

【こっからはネタバレありで!】おおまかな内容と感想など…

。。じゃ、こっからは
ネタバレも入れて、話していくんで。。

まず、全体的な感想としては、
ストーリーとしては、
「下げ」る話しが多かったな。。
って思った。。

期待してたモンや、
今まで そうと思ってたモンが。。
「違うかった。。」みたいな。。

(ただ、4話については、
 最後は逆に「ちょっと上がる」
 感じ)

ワイは、原作のエッセイを
読まないでドラマを観たんで、、

「小泉今日子の内面って
 こんなんなんや。。
 『なんてったってアイドル』を
 歌ってた頃はアゲアゲやと
 思ってたのになぁ。。」

って感じがした。。

【小泉今日子の原作について】

一応、「原作」について
くわしく話しておくと。。

この原作は、短い
エッセイやねん。

季刊「真夜中 No.4 2009 Early Spring」
という雑誌の特集に
小泉今日子が寄稿したモンや。。

(ちなみに特集は、
 「NICE MIDDLE:
  それぞれの世代が描く、
  40代のあの人のこと。」
 というタイトル)

エッセイのタイトルは、
「戦う女 パンツ編」

短いながら、5章に
分かれていて、
それぞれの年代ごとに
自身のパンツの思い出などを
書いてる感じ
や。。

全文がネット上で掲載されてるんで、
気になったら読んでみてな。

小泉今日子「戦う女 パンツ編」の全文>>

読んでみたら分かるんやけど、
原作のエッセイは、
本当に気負った感じもなく、
それぞれの年代ごとに
はいてたパンツ、気持ちとかを
淡々と書いてる感じ
や。。

。。でも、ドラマ「戦う女」では
なんとはなしに
ドロっとした感じがする。。

チャラン・ポ・ランタンの曲の
テイストとも混ざり合ってるんか。。

若干、エッセイの世界観と、
ドラマの世界観との
ブレを感じる
んは、
ワイだけやろうか。。

【トークの主な内容ってどんなの?】

。。で、各話の後半は、
「トーク」になるんやけど。。

メンバーは、

  • YOU
  • 友近
  • エリイ(Chim↑Pom)
  • 門脇麦ちゃん

で、固定や。。

「女」「戦う女」「パンツ」

あたりのテーマで
延々とガールズトークを
繰り広げるという感じ。。

。。ま、正直言うと
門脇麦ちゃんが
おれへんかったら
かなりキツかった
と思う。。

ワイ的には。

。。でも、門脇麦ちゃんの
いろんな素顔や
考え方やプライベートなトコの
話しも聞けたんで、良しとするわ。。

あと、友近の話しも
けっこう意外やったし、
面白かった。。

。。とココは、
正直、小泉今日子が
出て来てほしかったトコ
やな。。

みんなでドラマを観て
それについて語る感じでも
ないんで、
構成的には面白いけど、
内容的には、男のワイには
シンドかったわ。。

(。。ま、女子なら
 普通に楽しめるのかも)

【各話のおおまかな内容は。。】

。。ちょっと、このドラマでは
各話がホンマに短いストーリーなんで、
いっつも書いてる「真相」とか
「結末」とかは、やめとくわな。。

各話のおおまかな内容を
話して終わりにしとくわ。。

■■1話

ひょんなコトから

  • 父の不倫相手

の3人で公園に
遊びに行く。。という話し。

展開自体が何となく
面白かった。

娘は、
今まで母に言われて
はいていた毛糸のパンツに
違和感を覚えるようになる。。

(不倫相手に言われて)

不倫相手→パンツ屋
というつながり。

■■2話

女子高生2人の話し。

1人の方が
秘かに想いを寄せてた
男に実は彼女がいた。。

ってオチで終わり。

■■3話

カップルの話し。

女の方が、
ガサツな彼より
年上の教授のコトが
気になり始める。。

で、一夜を共に
するんやけど。。

期待外れで
ガッカリってオチ。

■■4話

パンツ屋で偶然再開した
アラサーの知り合いの話し。

何気ない会話を
しているうちに
昔、男を
取った取られたの話しに。。

言いたい放題
言い合った後、、、

なぜかお互い
心を許しあい、
打ち解け合う。。

■■5話

オバサン3人の話し。

Tバックをはくと
気持ちが変わるとか。。
オバサントークを展開。。

3人の中でも
一番キレイで
スタイルのいい人(高岡早紀)の
新しくできた彼氏を
みんなで見に行くけど。。

案外、普通のおっさんやった
というオチ。

。。とまあ、
こんな感じや。。

ワイ的には、
4話、5話、1話の順に
面白かったかな。。