えー吉えー吉

かなり深みのある長編ファンタジーアニメや!ストーリーにグイグイ引き込まれて、かなりハマってしまったで!

友達に勧められて、観てみた
アニメ、「鋼の錬金術師」。。

通称「ハガレン」やけど。。

これは かなり面白かった!!

かなり長いアニメなんやけど、
途中から火が付いて、
かなりの一気観をしてしまったで。。

。。じゃ、ワイのくわしい感想などとかは
このページの後半で書いてくな。。

アニメ「鋼の錬金術師」の情報

ジャンル:ファンタジー

どんな話?:錬金術の禁忌を犯した若き兄弟が体を取り戻すために冒険をする

評価 年代 話数時間
4.2★★★★☆ 2003年~2011年 【1】51話+映画【FA】64話+映画
  • 声優:朴璐美、釘宮理恵、藤原啓治、内海賢二、高本めぐみ、三木眞一郎
  • 原作:荒川弘「鋼の錬金術師」(漫画)

■2016年10月6日時点での配信・商品ラインナップしているサービス
 

注:2016年10月6日時点の情報です。各サービスのラインナップは変更になる可能性があるので、公式ページで確認して下さい(上のロゴをクリックすると公式ページに移動します)。

アニメ「鋼の錬金術師」の見どころ

  • 錬金術という設定が面白い!
  • 少年マンガにしては。。「罪深い」ストーリー
  • 多彩で個性的なキャラが大勢登場!
  • OP、EDは名曲が多い!

まず、このアニメの面白いトコロは、
「錬金術」という設定やと思う。。

見た目 魔法のような感じなんやけど。。

あくまでも、
「物質を分解し、再構築する」
っちゅう感じなんや。。

なので、無から
何かを作り出すコトは出来へん。。

通常は、錬成陣という
魔法陣のようなモノを描いて、
手のひらから気を送ると、
物質を再構築できる。。

この、ファンタジーなんやけど、
一応 合理性のある設定が
面白いと思うわ。。

。。あと、ストーリー的には、
ちょっと少年マンガらしからぬ、
深いストーリーが多いと思う。。

「許されないコトをしてしまったり」
「不条理なコトを強いられたり」
という。。

深みのある物語になってると
思うで。。

。。でも、かといって
暗~いアニメかと言うと
そうでもないんや。。

わりとコメディ要素とかも
あって、笑える部分もあるで。。

  • コメディ担当
  • シリアス担当
  • 両方できる

というキャラに分かれてて、
けっこう個性的なキャラが
たくさん出てくるんや。。

個性的と言えば。。

けっこう悪役にも
個性的なキャラが多かったと思う。。

やることはメチャ残忍なんやけど、
なぜか憎めないような。。

それも、このアニメの
特徴かな。。と思うわ。。

。。あと、
オープニングとかエンディングの
曲は、ええ曲が多かったと思うで。。

特に2003年版には
名曲が揃ってたと思う。。

  • ポルノグラフィティ「メリッサ」
  • L’Arc en Ciel「READY STEADY GO」
  • ASIAN KUNG-FU GENERATION「リライト」
  • Sowelu「I Will」

とか。。

今、聴いてもええなぁと
思う曲ばっかりや。。

。。あと、最後に このアニメの
構成を言うておくと。。

まず、
2003~2004年に公開された
「2003年版」アニメがある。

これは、一部原作に沿った部分はあるけど、
基本は「オリジナルストーリー」なんや。。

ほんで、2005年に公開された映画、

「劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者」

これと、2003年版は、
「つながりがある」んや。。

つまり、2003年版⇒シャンバラ
という順番になってるっちゅうコトやな。。

ほんで、2009年から公開されたアニメ、
「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」
(略称「FA」)は
原作にわりと忠実に作られたアニメ。

2003年版と比べると、
14話くらいまでは、わりと
「2003年版」と似たストーリー展開の
部分も多いけど、そっからは
まったく違うストーリーが
ほとんどになってく印象やな。。

あと、2011年に公開された映画
「鋼の錬金術師 嘆きの丘の聖なる星」
は「サイドストーリー」っぽい
立ち位置になってる。。

これは、今までの
どの話しの続きにもなってないんで
完全に独立してる形や。。

。。それぞれに面白いんで、
全部観るのがオススメやな。。

アニメ「鋼の錬金術師」2003年版 1話のあらすじ

。。じゃ、「鋼の錬金術師」(2003年版)の
1話のあらすじを最初の方だけ言うていくで。。

場所は、リゼンブール村
兄11歳、弟10歳

とある家の中。。

兄弟2人が
なにやら怪しい実験のような
コトをしてる。。

描かれた錬成陣。。

(魔法陣のようなモノ。
 錬金術に使う。)

調合された液体。。

「できた。」

兄がつぶやいて、
弟、アルの方を見る。。

アルは少し、不安そう。。

「大丈夫、完璧だ。。」

「やるぞ。。」

2人が両手を錬成陣の前で
つくと、錬成陣から
光が立ち込めていく。。

(ここで、ナレーション)

「錬金術とは、
 物質の構造を理解し、
 分解し、再構築する
 科学技術である。。

 それは、うまくすれば
 鉛から黄金を生み出すコトも
 可能になる。。

 しかし、科学である以上は
 そこには大自然の原則が
 存在した。。

 質量1のモノからは1のモノしか
 生み出せない。。

 等価交換の原則。。

 等価交換の原則は、
 何かを得るためには
 それと同等の代価が必要なコトを
 示している。。

 それは教訓なのだろうか。。

 人は、何かの犠牲なしに
 何も得ることはできないと。。」

なんか、
ヤバい気配。。

暗雲がたれこめて
雷や竜巻のようなモノに
錬成陣が支配される。。

「アル!アル!」

「こんなハズじゃ。。
 畜生!持っていかれたー!

兄の左足と右腕も
なくなってしまっていた。。

「母さん。。」

兄が見守る中
徐々に煙がひいていく
錬成陣から
姿を現したんは、
ゾンビみたいな生物やった。。

。。場所と時は変わり。。

兄15歳、弟14歳。。

砂漠の中。。

兄は見たところ、
両手、両足が
元に戻っている。。

アルは。。
なんと、家の中にあった
鎧の姿になっていた。。

でも、2人は元気そうや。。

二人は、東方辺境の
リオールの町にたどり着いた。。

なんと、この町
噴水からワインが
湧いている。。

軽食のスタンドで兄が
喉の渇きを潤していると。。

町の人が一斉に
放送を聴き出した。。

声の主は、コーネロ教主と
言われる人らしい。。

彼は、自らを太陽神レトの
代理人と称し、
数々の奇跡を起こし、
町人から崇められてるらしい。。

見捨てられてた
この辺境の町を豊かに
しているのはコーネロ教主と
いうワケや。。

そんで、
店を出ようとした
アルやけど。。

不注意でその店にあった
放送を聴くためのラジオを
壊してしまう。。

「すいません、
 すぐに直しますから。。」

錬成陣を地面に描き
その中に壊れたラジオを置き、
手をかざすと。。

ラジオは
あっという間に
元の姿に
戻ってしまった。。

「お前たちも
 奇跡の業が使えるのか?」

驚く町人たち。。

しかし、アルは言った。

「僕達、錬金術士なんです。。」

続けて兄が言う。

「エルリック兄弟といえば、
 けっこう名が通ってるんだけどね。。」

。。でも、町の人は
錬金術という言葉すら
知らんのや。。

。。こんな形で
ストーリーは進んでいくで。。

■2016年10月6日時点での配信・商品ラインナップしているサービス
 

注:2016年10月6日時点の情報です。各サービスのラインナップは変更になる可能性があるので、公式ページで確認して下さい(上のロゴをクリックすると公式ページに移動します)。

【ネタバレあり!】それぞれの結末はワイの感想。。

。。じゃ、こっからは
ネタバレも含めて
いろんな結末やワイの感想とかを
言うていくで。。

【前半に起こるショッキングな出来事!】

。。これは、2003年版も
FULLMETAL ALCHEMIST版も起こる
出来事なんやけど。。

前半でいきなり起こる
ヒューズ准将の死。。

これは かなりショックやったな。。

。。ちょっと
面倒くさい人ではあるけど、
愛すべきキャラやった
ヒューズ准将。。

あまりにも
あっけなく死んで
しまったんで。。

「このアニメって、
 仲間がどんどん死ぬ系かな。。」

と思ったけど。。

ヒューズ准将以後は、
それほどでもなかったな。。

【「賢者の石」に関わる重大な謎とは?】

。。あと、これも全ストーリーで
共通してるネタなんやけど。。

エドとアルが探し求めていた
「賢者の石」。。

(これがあれば、エドとアルの体を
 元に戻せるかもしれないので。。)

ストーリーの中盤では、
この「賢者の石」に関する
重大な秘密が分かってしまう。。

それは。。

★「賢者の石」を作る材料は、
 多くの生きた人間

だというコトなんや。。

結局、自分たちの体を元に戻すには、
多くの人間を犠牲にしないといけないという。。
なんとも、無情な答えに
たどり着いてしまうんや。。

【2003年版アニメの結末】

。。じゃ、2003年版
アニメの結末はというと。。

ホムンクルスやった
キング・ブラッドレイ大総統は、
メチャクチャな強さを
誇ってたんやけど。。

息子・セリムが
誤って持ってきた遺骨で
動けなくなり、ロイに
殺される。

(セリムは、ブラッドレイに
 殺されてしまうんや。。)

エドは、死にかけるんやが、
賢者の石になったアルに
助けてもらう。。

(この時、エドは
 腕も足も揃った
 完全体として生き返るんや。。)

でも、アルは消えてしまうねん。。

エドはアルを取り戻すために
自分の全てを代価に錬成を行う。。

今度は、逆にに
アルは完全体で復活したんやが。。

母親の錬成をしてからの
記憶はなくなってまう。。

そして、エドは
門の向こうの世界に。。

その後、
アルは、「錬金術を学びたい」と
再びイズミの弟子になるんや。。

エドは、
1921年のミュンヘンにいた。。

また腕と足をなくした
エドは、
父親のホーエンハイムと
一緒に、暮らすことになった。。

。。で、ストーリーは
映画につながってくんや。。

【映画「シャンバラを征く者」の結末は。。】

門の向こう側の世界では、
錬金術は使えなかった。。

でも、
ホーエンハイムが
生贄となり、
扉が開くんや。。

でも、
悪事をたくらんでた
エッカルトに利用されて
いたんやな。。

そんで、軍が
大挙して扉を通過。。

エド、アル、
ロイなどが協力し
なんとか、軍の
侵入は制圧したんやけど。。

再び扉を通る者が
現れへんように
扉を破壊する必要がある。。

。。で、エドは、再び
ミュンヘンに帰るんや。。

でも、
鎧の中に隠れて
アルは一緒にミュンヘンに
来てた。。

。。で、2人で
扉を壊した。。

エドとアルはミュンヘンで
共に過ごす。。っちゅう
結末や。。

【FULLMETAL ALCHEMIST版の結末は。。】

国全体に錬成陣をかけ、
賢者の石を作ろうとしてた
ホムンクルスたち。。

壮絶な戦いの後、
ホムンクルスは全滅する。。

ほんで、エドは
自分の錬金術を代価に
エドの腕とアルの体を取り戻すんや。。

(足は、母親の錬成の代価と
 して持ってかれたんで、
 義足のままや。。)

ロイは戦いで
目が見えなくなったんやが。。

マルコーが現れて、
賢者の石を使って、
ロイの目を治す。。

(その前に半身不随になった
 ハボックも治してもらう。。)

スカーは、軍にとどまって
イシュヴァール復興を
手助けするコトに。。

リンは、目的だった
賢者の石(液体バージョン)を
手に入れるが、

チャンメイのいるチャン家も
守ってやると約束する。。

そして、2年後。。

軍の大総統は、
グラマンになってる。。

アルは東回り、
エドは西回りで
世界を渡り歩き、
知識を深めていく。。

で、エドは
旅立ちの時に
ウィンリィにプロポーズ?

エド
「俺の人生半分やるから
 お前の人生半分くれ!」

ウィンリィ
「半分じゃなくて
 全部あげるわよ。。」

エンドロールが流れる間に
映ってる写真には、

エドとウィンリィの
子供の写真も。。

って、これは
完全なハッピーエンドで終わる感じ。。

【映画「嘆きの丘の聖なる星」の結末は。。】

こちらは、別の
ストーリーで。。

虐げられてきた
ミロスという国。。

滅ぼそうとした連中が
谷底にあるミロスに、
マグマを流そうとするが、
ジュリアとエドがこれを阻止する。。

そして、ジュリアが
所属している「黒コウモリ」が
クレタの基地を制圧し、
ミロスは無事に独立国と
なるコトができた。。

という結末やった。。

【どれが一番面白い?】

う~ん、これは なかなか
甲乙つけがたいんやけど。。

ワイ的には、案外
2003年版+映画の流れが
一番 面白かったかな~

と思う。。

特に、なんか
罪や禁忌とかの
「人間の裏の感情」に
深く入り込んだ
ストーリーかな~って
思った。。

FULLMETAL ALCHEMIST版は、
2003年版より もうちょっと
「普通の少年マンガ」よりで
「強い敵を倒す」ってトコに
焦点が当たってたと思うわ。。

。。でも、
FULLMETAL ALCHEMIST版は、
リンとか、メイとか、
オリヴィエ・アームストロングとか、
「お父様」とか。。

2003年版にはない
魅力的なキャラクターが
いっぱい登場してるんで、
その点は、FA版がええかな、
って思う。。

映画「嘆きの丘(ミロス)の聖なる星」は
正直、サイドストーリー的な
立ち位置なんで。。

長編である2003年版と
FA版に比べたら、
かなり印象は薄いって感じやな。。