えー吉えー吉

このドラマは泣ける!家族愛をテーマにしたホームドラマや。。満島ひかりちゃんが、亡き夫を愛し続けるシングルマザーを好演してるで。。

モテキ」に出演してた
満島ひかりちゃんっていいなぁ。。

と思って、彼女が主演で
かなり評判の高かった
「Woman」を観てみたんやけど。。

これは、かなり良かったで!

ボロボロ泣けるドラマやった。。

。。じゃ、ワイの感想の続きとかは
このページの後半でな。。

ドラマ「Woman」の情報

ジャンル:ホームドラマ・親子愛・シングルマザー・家族愛

どんな話?:亡くなったダンナさんを想い続けながら懸命に2人の子供を育てるシングルマザーの話し

評価 年代 話数
4.4★★★★☆ 2013年 11話
  • 出演:満島ひかり、田中裕子、小栗旬、小林薫、鈴木梨央、髙橋來
  • 脚本:坂元裕二

■2016年8月24日時点での配信・商品ラインナップしているサービス
   

注:2016年8月24日時点の情報です。各サービスのラインナップは変更になる可能性があるので、公式ページで確認して下さい(上のロゴをクリックすると公式ページに移動します)。

ドラマ「Woman」の見どころはどこ?

  • 満島ひかりを始め、演者がええ味を出しまくりや!
  • よく練られたオリジナルのストーリーが良い。

このドラマ、評判を見てみたら
「満島ひかりがスゴい!」みたいに
書かれまくってたけど。。

。。うん、確かにスゴかったな。。

ええ意味で女優っぽくないんやけど、
やけにハッキリと伝わってくる感じは
なんか、やっぱこの人スゴいって
感じするわ。。

「命をかけて子供を守る」シングルマザーを
好演してたと思うで。。

。。で、ワイが言いたいのは、
その他の演者さんたちもスゴいってことや。

  • 田中裕子
  • 小林薫
  • 小栗旬
  • 鈴木梨央
  • 髙橋來

みんな、ええ味出てたと思うで。。

つまり、役で言う
「青柳家」「植杉家」のメンバーが
全員スゴいっちゅうコトや。。

。。あ、厳密にいうと、
そのメンバーの中では、
「須田理央(4歳の時の青柳 望海の役)」
「二階堂ふみ(植杉 栞)」
は、ワイ的には微妙やったかな。。

あ、演技がヘタかどうか、とかじゃなくて、
あくまでも、ええ味が出てるか
出てないか、なんで誤解せんといてな。。

。。あと、
役者さんばかりじゃなくて、
ストーリーもスゴい
しっかりと作られてたと思うで。。

メインのストーリーも
飽きさせないように
いろいろな要素を盛り込んでたり。。

サイドで流れてるストーリーも
多すぎず、少なすぎず。。

。。で、全てが
大きなテーマを支えてるように
ちゃんと つながってる気がした。。

。。ま、話すと
当たり前のコトなんやけど、
それをキッチリと作る込んでると
感じるドラマはそんなに多くないと
思うねんな。。

なんで、飽きずに観れて
観終わった後に大きなテーマを感じるコトが
できる作品やと思うわ。。

ドラマ「Woman」のあらすじって。。

じゃ、ドラマ「Woman」のあらすじ、
冒頭の部分だけを話していくで。。

最初は、青柳信(小栗旬)と
小春(満島ひかり)の出会いの
シーンから始まるんや。。

駅のホームに座っている2人。。

「遠き山に日は落ちて」が流れている。。

小春(満島ひかり)は何の気なしに
その曲を口ずさんでいると。。

「え、この曲って歌詞があるんですか?」

と信(小栗旬)が小春に
尋ねてくるんや。。

小春は はにかんでいたけど、
あまりにも信が熱心に聴いてくるので、
歌詞を教えてあげた。。

これが2人の出会いやった。。

信は なんとエベレスト登頂からの
帰りに小春と出会ったんや。。

それを きっかけとして
2人は付き合いだし、
やがて、結婚。。

信は、山登りをやめて、
定職に就いた。。

子供も2人授かった。。

望海(鈴木梨央)と陸(髙橋來)や。。

しかし、信は、
陸(髙橋來)の出産を
見届けるコトなく死んでしまうんや。。

「この子たちを絶対に幸せに
 育ててやる!」

そう誓う小春やったけど。。

現実は厳しかった。

ガソリンスタンドや居酒屋のパートを
掛け持ちでしていたけど、
子供が熱を出してしまうと
休まないといけない。。

居酒屋は、
基本昼間の勤務なんやけど。。

どうしても
夜の勤務も何回かは
入れないといけない。。

ある夜、居酒屋の仕事が
終わって帰ってくると。。

陸が一人で泣いている!

あわてて望海を
探しに行くと、
隣のおばさんが
望海を預かってくれていた。。

「子供は猫や犬じゃないのよ。。」

このままじゃ、家賃や電気代も
払えない。。

小春は、しかたがなく
生活保護の申請を受けに
役所へと出かけた。。

こんな感じで
話しは進んでいくで。。

■2016年8月24日時点での配信・商品ラインナップしているサービス
   

注:2016年8月24日時点の情報です。各サービスのラインナップは変更になる可能性があるので、公式ページで確認して下さい(上のロゴをクリックすると公式ページに移動します)。

【ネタバレあり】ワイの感想を言うで。。

。。じゃ、こっからは
ネタバレも入れていくで。。

この「Woman」は
「シングルマザーの奮闘記」っちゅう
感じで始まるんやけど。。

他にも いろいろな要素が
ストーリーに入ってくるんやな。。

。。正直、最初のパートは
観てても、ちょっと辛かったで。。

。。ワイは離婚して
元嫁に子供2人を育ててもらってるんでな。。

できる限りの支援は
してるつもりなんやけど。。

やっぱり、現実は
辛いやろうなぁ。。と観てて思った。。

でも、このパートは
あまり長くは続かんかったな。。

その他の要素がけっこう
入ってきたので。。

病気

小春はシングルマザーで
大変なだけじゃなく、
「再生不良性貧血」という
難病にもかかってしまうんや。。

しかも、子供たちには
かなりの間それを黙っていた。。

これは、本当に観てても
痛々しかったな。。

特に、めまいで
畳の上に倒れこんでしまった時に
水泳のマネをしてゴマかすシーンなんて
本当に、涙なしでは観れんかったわ。。

でも、最終的に
栞(二階堂ふみ)に骨髄移植をして
もらって、治るんや。。

これは、ホンマに良かったと思うで。。

あと、病気のコトで言うと、
小春(満島ひかり)の担当医、
澤村 友吾(高橋一生)はええ味出しとったな。。

なんか、一見ヌボーっと
してるんやけど(失礼)、言葉や行動で
伝わってくる感じが
めっちゃ良かったで。。

信の死の真相

。。あと、最初はベールに
包まれてたんやけど。。

信(小栗旬)の死については
知れば知るほど、いたたまれん
感じになったな。。

一応 話しとくと。。

その日 植杉家を訪れた信は、
小春(満島ひかり)が
好きな梨をたくさん
おみやげにもらった。。

そして、その帰り道。。

信は、植杉家の娘、栞(二階堂ふみ)に
つけられてたんや。。

栞は、ずっと学校で
イジメられていて、
家しか居場所がなかった。。

でも、信や小春の存在を
初めて知って、
家にも自分の居場所が
なくなるコトを恐れたんや。。

そして、電車の中で
栞は信の手を取り、
「この人痴漢です!」
と言うんや。。

次の駅で、信は
周りの人達に
引きずり降ろされる。。

酔っぱらいの人も
集まってきて。。

信は、落ちてしまった
梨を拾おうと前に出る。。

その姿を「逃げる」と
勘違いした酔っぱらいに
背中を押され、
線路に放り出された。。

こんな いきさつ
やったんや。。

。。ま、一番悪いのは
線路に突き落とした
酔っぱらいやろうけど。。

これは、キッツイ
話しやな。。と思うわ。。

親子の仲直り

ワイがこのドラマで
一番、感動したのは、
やっぱり、この
小春(満島ひかり)と
紗千(田中裕子)の仲直りかな。。

再会した当初は、
ホンマに小春が
ヒドかった。。

「小春はお母さんとしては
 あんなにええ人やのに
 実の母親に対して
 そんな態度取るん?」

と思ったもん。。

。。でも、小春は
母に捨てられたと思ってたけど、
紗千は、夫からDVを受けてた。。

というのが真相やねん。

小春はそれを知らずに
お父さんと残るコトになった。。

これまた、微妙な関係やな。。

でも、さっき話した
信の死の真相が明るみに
なっていくコトで、
今度はそっちにも
問題が生じる。

。。でも、
そんな煮え切らない部分が
ありながらも、
最後、小春と紗千が
仲直りするシーンは
ホンマに泣けた。。

信の生い立ち

。。あと、信(小栗旬)の
生い立ちにも衝撃的な
事実があったな。。

小学校の頃
信は、母親から仕送りを
もらいながら1人で生きてた
っちゅう。。

(具体的には8歳から10歳まで)

母親の真意は分かれへんけど、
(男と東京で暮らしてた)
信は、それが「嫌じゃなかった」んや。。

信は、本当に母親のコトが
好きやったんや。。

回想シーンの中で
信が母親と再会する
シーンもかなり泣けたな。。
(第7話)

。。あと、このドラマでは、
「まどいせん」という言葉が
カギになってると思うんやけど。。

  1. 信が小春に「遠き山に日は落ちて」の歌詞を聞く
  2. 望海が小春に「まどいせん」って何?って聞く(小春は分からない)
  3. 望海が健太郎(小林薫)から「まどいせん」の意味を教わる
  4. (ちなみに意味は「円居せん」家族団らんのこと)
  5. 望海が日記に「まどいせんをしました」と書く

。。本当にこのドラマは、
何気ない家族団らんの会話が
「生き生きとしてて」「楽しくなって」
「愛おしいモノ」として、
描かれてたなぁ。。と思うわ。。

ワイも、吹けば飛ぶような
家族の絆になってしまったけど。。

続く限り、大切にしたいな、
って思ったわ。。

。。ごめんな、マジ語りして。。

そんなけ ええドラマやった
っちゅうコトやな。。笑

ほな。