えー吉えー吉

やり方はメチャクチャやけど、生徒想いの教師が繰り広げる学園モノ。。主演の反町隆史がかなり ええ味出してるで。。笑いあり、涙ありのけっこう面白いドラマや。。

dTVのラインナップに
懐かしの「GTO」(反町隆史版)が
追加されてたんで、
観てみたで。。

これは、けっこう
楽しめた。。

ベタな部分はあるんやけど、
やっぱり反町隆史の鬼塚は
今観ても、けっこうイケるな。。

。。じゃ、ワイの感想の続きは
このページの後半で話すな。。

ドラマ「GTO」(1998年版)の情報

ジャンル:学園モノ・恋愛

どんな話?:暴走族・元リーダーの破天荒な教師が学園を救う?

評価 年代 話数
3.6★★★★☆ 1998年 12話+SP+映画
  • 出演:反町隆史、松嶋菜々子、中尾彬、白川由美、藤木直人、中村愛美、窪塚洋介、小栗旬
  • 脚本:遊川和彦、菅良幸

■2016年9月13日時点での配信・商品ラインナップしているサービス
  

注:2016年9月13日時点の情報です。各サービスのラインナップは変更になる可能性があるので、公式ページで確認して下さい(上のロゴをクリックすると公式ページに移動します)。

ドラマ「GTO」(反町隆史版)の見どころ

  • やっぱり このドラマは反町隆史の鬼塚!
  • 松嶋菜々子とのコンビはやっぱ ええ感じ。。
  • クサい部分はあるけど、わりと楽しめるストーリー

。。やっぱり、この「GTO」は
良くも悪くも「反町隆史」のキャラが
一番!やと思うわ。。

  • 元暴走族のリーダー
  • そっちでは かなりスゴい人やった
  • 性格は大ざっぱな感じ
  • 熱い感じの男
  • けっこうお調子者
  • 教師のモラルとかは、ほとんど考えない
  • でも、かなり生徒思い。。
  • けっこうエロい。。がなぜか童貞

。。で、
今までの学園ドラマでは
なかったような方法で問題を
解決していく。。

そんな反町隆史を魅力的に
思えるかどうか、で
このドラマを観るべきか
どうかが決まるっちゅうても
おかしないな。。

。。ほんで、あと
光ってたのが、やっぱり
松嶋菜々子。。

このドラマを機に
交際、結婚したんや、
この2人。。

松嶋菜々子の役は、
教師には なりたくなかった
けっこうダルダルの先生。。

しかも、男をキープ
しまくってるという。。

この松嶋の役が
鬼塚によって、
かなり成長していく。。

というのも、このドラマの
見どころなんかなぁ。。
と思う。。

。。て、けっこう
この2人、ドラマの中では
ほとんどケンカばっかり
してるんやけどな。。

。。あと、目についたのは
黒田美樹ちゃん。。

生徒の中では、この子が
けっこう ええ味出してたと思うで。。

あと、若き日の。。

というか、ちっちゃい
小栗旬も出てる。。

背もちっちゃくて
声も高い。。

このドラマでは、なんと
いじめられっ子の役やねん。。

今の姿からは
想像つかんけど。。

。。ま、特段
目立ってたワケではないし、
ファンなら見てみるのも
いいかな。。と思う。。

(ちなみに、小栗旬が
 メインになるのは
 第3話やな。。)

。。あと、ストーリー的には
基本的に各回で、一人の生徒が
メインになって、その問題を
解決していくような。。

昔の学園モノの王道パターンや。。

(金八先生みたいなな。。)

昔のドラマなんで、正直
古臭さがあるストーリーも
多少あるんやけど。。

。。ま、鬼塚流の奇抜な
展開や、けっこうジーンとくる
シーンなんかもあって。。

わりとええんちゃうかな。。
と思うで。。

ちなみに、このドラマの主題歌、
反町隆史「POISON ~言いたい事も言えないこんな世の中は~」は、
当時、けっこうヒットしたな。。

けっこう、耳に残る曲やけど。。

ワイは、アカンわ。。

ロックに聞こえへんねん。。

。。あと、このドラマは
一応、流れとして、

ドラマ本編(12話)⇒SP(2時間番組)⇒映画

という流れで続きモノに
なってる。。

なってるんやけど。。

本編が素直に一番面白いと思うわ。。

また、ネタバレでも言うけどな。。

ドラマ「GTO」(1998年版)第1話のあらすじは…

。。じゃ、反町隆史版のドラマ「GTO」、
1話のあらすじを始めの部分だけ
言うていくで。。

主人公は、鬼塚英吉(反町隆史)。。

元暴走族のリーダーで、
けっこうスゴい人やったんやけど。。

実は、鬼塚の夢は
「教師」やってん。。

。。でも、
その夢はまだ叶わずにいた。。

。。ある日、
友達で警官の冴島龍二(藤木直人)に
武蔵野聖林学苑という私立高が
教師を募集しているコトを
教えてもらうねん。。

面接に行ってみた
鬼塚(反町隆史)やけど。。

「どうして、うちを志望したのですか?」

「それは…教師になりたかったからです。」

「どういうトコロが教師に向いていると思いますか?」

「体力ですね。。大学で空手部の主将をしてましたので。。」

履歴書なども見ながら、
教頭の内山田ひろし(中尾彬)は

「知性のカケラもない君みたいな
 クズが来るトコロじゃないんだ。

 帰りたまえ。。」

と、冷たく鬼塚をあしらった。。

購買部で牛乳を飲んで、
帰ろうとした鬼塚やったけど。。

教頭の内山田がバットを持った
男子生徒2人に追いかけられてるのを
発見する。。

どうやら、シンナーを吸って
退学処分になった生徒が
教頭に仕返しに来たらしい。。

止めに入る鬼塚。。

しかし、生徒のコトを
何度も「クズ」呼ばわりする
教頭にカチンときて。。

なんと、教頭に回し蹴りを
くらわす。。

「てめえのようなセンコーが
 いるから、こいつらの
 居場所がなくなってしまうんだ。。

 こんな学校、こっちから
 願い下げだ!」

。。で、さっさと
帰ってしまった。。

しかし、この様子を見ていた
理事長の桜井あきら(白川由美)は。。

なんと、鬼塚を採用するコトにする。。

一見、優秀な進学校に見える
武蔵野聖林学苑も、
実はいろいろな問題を抱えてるらしい。。

その問題を鬼塚なら
解決してくれるかも。。

。。こんな感じで
ストーリーは始まっていくんや。。

■2016年9月13日時点での配信・商品ラインナップしているサービス
  

注:2016年9月13日時点の情報です。各サービスのラインナップは変更になる可能性があるので、公式ページで確認して下さい(上のロゴをクリックすると公式ページに移動します)。

【ネタバレあり】それぞれの結末とワイの感想

。。じゃ、こっからは、
「ネタバレあり」でいきまっせ。。

それぞれの登場人物の結末を
ワイの感想を絡めて言うていくな。。

【内山田(教頭)の結末】

この内山田教頭(中尾彬)が
よくも悪くも、このドラマの
「古臭さ」を醸しだしてしまった感があるな。。

最初の頃は鬼塚に
対抗する「一番の敵」やった
ハズやのに。。

なんと、最終的には改心して
鬼塚の味方になるんや。。

それと同時に校長に昇進。。

昔は、周りの人間を
すぐに「クズ」呼ばわりした
内山田が、

「うちの学校には、
 クズは1人もいない」

と言うのが口ぐせになるんや。笑

SPでは、テレビとかに出る
有名人にまでなってるというオチ。。

。。ま、コメディやから
ええんやけどな。。

【冬月先生の結末】

もともとは、スチュワーデスに
なりたかったのに、
なれなくて、仕方なしに
教師をしてた冬月先生(松嶋菜々子)。。

鬼塚(反町隆史)に
影響され、次第に
教師という仕事に
情熱を注ぎ始める。。

でも、鬼塚に対し、
理不尽な措置を下した
学校にキレて
教師を辞めてしまうんや。。

そして、夢やった
スチュワーデスになる。。

でも、突如
鬼塚が現れて、冬月が
乗っている飛行機をストップ!

機長に呼ばれて、

「あんたが降りないと
 ココを動かないって言うから。。」

見てみると、鬼塚が
手を広げて冬月を待っている。。

冬月は、飛行機を降り、
鬼塚に抱きついた。。

。。結局、その後、
教師に戻り、鬼塚の担任やった
2-4を受け持つコトに。。

SPでは、
父親の冬月謙造(北村総一朗)が
登場。。

最初は、鬼塚のコトは
否定的やったが。。

最終的には、
「北海道に一度遊びに来なさい」
と言ってもらえる。。

。。でも、
映画版では、まったく
登場せえへんねや。。

冬月先生は。。

北海道が舞台っちゅうコトで、
実家が北海道やったんで、
鬼塚が実家にあいさつに
行くとか、あるんかな。。

って思ってたんやけど。。

これは残念やったな。。

【鬼塚の結末】

ハチャメチャなコト
ばっかりやって、
何度も退職の危機に
あった鬼塚(反町隆史)やけど。。

結局、
相沢 みやび(中村愛美)を
助けるために
神南学園の生徒に暴力を
振るったコトをマスコミにリークされ。。

教職を解雇されてしまう。。

さらには、リークした
藤堂 真一(原田篤)の父親、
藤堂 真人(篠井英介)までもが
動き出し、
武蔵野聖林学苑の「乗っ取り計画」が
実行されてしまう。。

(藤堂 真人は、文部省の
 高級官僚なんや。。)

ただ、これは
最終的には、改心した
藤堂 真一によって、
事なきを得るんや。。

。。でも、ここで
鬼塚は、武蔵野聖林学苑には
戻らず。。

聖アカデミー学園という
別の学校を任されるんや。。

これがSPにつながってく。。

ここで、冬月先生(松嶋菜々子)と
念願の初エッチを果たす。。

。。で、映画では。。
また北文館学苑という
別の学校を3週間だけ
任されるという設定なんや。。

SPと映画について。。

ワイ的には、この
SPと映画に関しては、
「正直、イマイチ。。」やな。。

っちゅうのが、感想や。。

SPについては、
冬月先生(松嶋菜々子)は
そこそこ出演してたんやけど。。

あとの前メンバーは
チョコチョコ顔を出すだけ。。

前の2-4の生徒たちは
勉強とか彼女とかに忙しくて。。

とスグに姿を消してしまう。。

(。。あんなに鬼塚を慕ってたのに!)

しかも、新しい学校の担任になって、
また一から信頼のないトコロから
始めていく。。

短い時間で、
その展開はもうちょっと
ええかなーって思った。。

映画に関しては、
もう、メンバーは
鬼塚以外まったく変わってる!

藤原紀香、田中麗奈、
妻夫木聡、西村雅彦とか。。

けっこう
豪華なキャストなんやけど。。

。。やっぱり、
短時間で、いちから別の学校って
シンドい感じやったな。。

逆にもう
ちょっと「鬼塚節」も
飽きたな。。って正直思ったわ。。