えー吉えー吉

みんなが思わず、見て見ぬふりをするコトも、「花咲舞が黙ってない」!1話完結モノにしては、笑いあり、涙ありでかなりオモロいドラマやで。。

杏さんの作品は、あんまり
観たことないんやけど。。

dTVでけっこうプッシュしてたんで、
観てみたこの作品。。

いや、けっこう
予想以上に面白かったわー。。笑

調べてみたら、かなり
人気のあるシリーズなんやな。。

。。ワイのくわしい感想は
このページの後半で。。

「花咲舞が黙ってない」の情報

ジャンル:コメディ系仕事(勧善懲悪型)

どんな話?:悪い風習を引きずった銀行に、一女性行員が喝を入れる!

評価 年代 話数
3.8★★★★☆ 【1】2014年【2】2015年 【1】10話【2】11話
  • 出演:杏、上川隆也、生瀬勝久、大杉漣、成宮寛貴、甲本雅裕
  • 脚本:松田裕子、江頭美智留(第1シリーズのみ)、梅田みか、横田理恵

■2016年7月12日時点での配信・商品ラインナップしているサービス
   

注:2016年7月12日時点の情報です。各サービスのラインナップは変更になる可能性があるので、公式ページで確認して下さい(上のロゴをクリックすると公式ページに移動します)。

ドラマ「花咲舞が黙ってない」の見どころは。。

  • 思ったコトを黙っていられない銀行員を杏が好演!
  • 上川隆也も杏との「ええコンビ」感が出てて好感。
  • 銀行のコトがいろいろ分かる?

まず、このドラマを面白くしてるのは、
「言いたいコトは言ってしまう」という
女銀行員を杏さんが好演してるトコやろうと思う。。

決めゼリフは、

  • 「お言葉を返すようですが。。」
  • 「黙りません!」
  • 「私はあなたを絶対に許しません!」
  • 「そんなやり方、間違ってます!」

などなど。。

銀行というお固い業界で、
どんなけ上の人であろうと
言いたいコトをハッキリ言う彼女は、
かなり、ヒーロー性があって、
オモロいと思う。。

そうやな、なんか、
「ヒーローもの」っぽい感じやな。。

このドラマ。

そして、その超トガッた杏さんと
コンビを組んでるのが上川隆也さんやねん。。

(ま、正確には上司と部下やねんけど。。)

この人がまたええ味を出してるんや。。

一見「事なかれ主義」っぽい
性格にも思えるんやけど。。

うまく杏をたしなめながらも、
ここぞと言う時は、
杏さんを助ける役に回るんや。。

この2人の掛け合いが
このドラマを面白くしてんのは
間違いないと思うで。。

。。あと、
この物語の舞台が「銀行」っていうのも
ワイにとっては
けっこう斬新やった。。

知ってるようで、
あんまり知らない銀行って世界。。

このドラマで観る限り、
けっこう出世争いやギスギスした
世界のようで。。

そんな、今まで知らんかった
世界をかいま見れるのも
良かったと思うで。。

「花咲舞が黙ってない」のあらすじ

。。それじゃ、このドラマの
あらすじを、冒頭の部分だけ
話してくで。。

相馬 健(上川隆也)は、東京第一銀行で
働く銀行マンや。。

一時期は、銀行でも花形の融資課で
バリバリ働いてたんやけど。。

ある事件があって、出世コースから
外れてしまったんやな。。

そんな相馬(上川隆也)が今
いるのは、「臨店」という部署。。

臨店とは、何か問題があった
支店に出向き、その実態の
調査と、指導を行う部署なんや。。

でも、実際はお互いに
当たり障りのない報告をし合って
終わるコトがほとんどという。。

そんな ちょっと寂しい部署
やねんな。。

そこに、新しく相馬の
部下が入ってくるという。。

それが、花咲 舞(杏)!

それを知って、
相馬は愕然とするんや。。

相馬は中野支店で舞(杏)と
働いたことがあったんやけど。。

どんな上の者にも
言いたいコトを言ってしまう
ちょっと やっかいな
存在やったからや。。

しかも、これからの仕事は
臨店。。

相馬は、舞(杏)に

「くれぐれも余計なコトは言うな」

としつこく教えるが、
聞ける舞ではなく。。

。。てな感じで
ストーリーが進んでいくで。。

■2016年7月12日時点での配信・商品ラインナップしているサービス
   

注:2016年7月12日時点の情報です。各サービスのラインナップは変更になる可能性があるので、公式ページで確認して下さい(上のロゴをクリックすると公式ページに移動します)。

【ネタバレを含む】ワイの感想は…

この、「花咲舞が黙ってない」は
1話完結モノのドラマなんや。。

だいたい1話完結モノのドラマやと
毎回ストーリーが変わっていくので
「泣けるほど感動する」っていうのは、
少ないような気がするんやけど。。

このドラマはけっこう
泣けたような気がする。。

ワイが特に感動したんは、
シリーズ2の5話やな。。

相馬(上川隆也)の親友が
出てくる回なんやけど、
これは、最高に泣けたわ。。

あと、2の最終回も良かったな。。

東京第一銀行の頭取の不正を
真藤常務(生瀬勝久)が
罪をカブる形で解決しようとしたんやけど。。

ここでも、花咲舞は黙ってなかった。。

頭取にも物申すんやな。。

頭取の不正を公表して、
潰れてしまう銀行なら
潰れてしまった方がいい
って言うんや。。

。。でも、ココは
ちょっと泣けんかったな。。

そこまで言う?

って感じで。。

メガバンクともなると、
行員の数もハンパじゃないし、
融資先も多いやろ。。

罪のない行員の家族とか
融資先とかが、
かなり路頭に迷うコトに
なるのに。。

。。ま、言ってしまうのが
花咲舞って感じで、
それによって、
真藤常務も本当のコトを暴露する。。

この展開は読めてたけどな。。

。。実は、このドラマの動画の
サムネイル画像が。。

シリーズ1では、
花咲舞「だけ」が、
「黙ってないぞー!」
って感じで、なんか、
やまびこをしてるみたいな
ポーズを取ってるんやけど。。

シリーズ2では、
相馬と真藤常務(生瀬勝久)も、
おんなじポーズを
取ってるんや。。

これは、つまり
シーズン2は、
花咲舞だけではなく、
相馬や真藤常務も
「黙ってない」展開に
なるんやな。。って。。

そう思ってたんや。。

。。ま、どうでもええ話しやな。。

ちなみに、シーズン2のラストで、
花咲舞と真藤常務が話すシーンでは

真藤常務は、

「すぐにでも帰ってくるかもしれないよ。。」

って、明らかにシーズン3を
匂わすような発言をしてるんやけど。。

これ、続編は、
ほぼ内定してたみたいやけど、
杏さんの妊娠(しかも双子!)で
ちょっと難航してるみたいやな。。

。。ま、おめでたいコトなんで、
ええんやけど。。

いつか、やっぱり続編も
「杏さんアリ」でやってほしいと
思うな。。