えー吉えー吉

「いい人」杉村三郎がまた事件に巻き込まれる…今回は被害者に「慰謝料」が送られるという謎の多いバスジャック事件…この謎には1話からつかまれたで!かなり面白かったドラマや。。

最近、観たドラマ「名もなき毒」の
続編っちゅうコトを知ったので、
「ペテロの葬列」も観てみた。。

これは、オモロかった!!

名もなき毒よりも
数段 面白かった印象やな。。

。。じゃ、ワイのくわしい感想の続きは
このページの後半で話していくな。。

ドラマ「ペテロの葬列」の情報

ジャンル:ミステリー

どんな話?:謎のバスジャック事件の真相を追う

評価 年代 話数
4.1★★★★☆ 2014年 11話
  • 出演:小泉孝太郎、国仲涼子、長塚京三、長谷川京子、平幹二朗、峰竜太、ムロツヨシ
  • 脚本:神山由美子

ドラマ「ペテロの葬列」の見どころ

  • 思わず引き込まれてしまう「謎」の部分。。
  • やっぱり小泉孝太郎は「いい人」を好演!
  • 周りの役者さんもええ味出してる人が多い。。

今回は、メインのストーリーに
奇妙な「バスジャック事件」が
あるんやけど。。

なんせ、バスジャックに
巻き込まれた人達が妙な連帯感を
持ったり、将来の夢を話し合ったり。。

最終的に犯人は「悪い人」じゃない
という感じが出てくるんやな。。

これは、ホンマつかまれたなぁ。。

1話で完全に「謎」につかまれた感が
あったわ。。

。。で、今回も主演の杉村三郎役、
小泉孝太郎は、メッチャええ味出してたで。。

この人の「ええ人キャラ」っていうのが、
ストーリーを引き立ててる感じするなぁ。。

あと、他の役者さんも
いい感じやな。。

バスジャック犯役の長塚京三
「優しそう」で「裏のある」感じも
良かったし。。

新しくグループ広報室に入った
間野 京子(長谷川京子)
ミステリアスでしかも
色っぽい。。部分も良かったで。。

あと、グループ広報室の
テッシーこと手島 雄一郎(ムロツヨシ)
今回もええ感じやったな。。

コメディ担当っぽい立ち位置やけど、
けっこう登場シーン増えてた気がする。。

人気なんかな。。

ペテロの葬列のあらすじって。。

。。じゃ、どんな感じで
物語がスタートしていくか、、
あらすじを話していくで。。

一応、「名もなき毒」を観てる
前提で話していくな。。

今回、今多コンツェルンの
グループ広報室の3人は、

森元常務(柴俊夫)の回顧録を
作成するために、千葉に出張したんや。。

。。で、帰りのバスで
バスジャック事件に遭ってしまう。。

犯人は1人の初老の男(長塚京三)で
始終柔らかい物腰やねんけど、

そのバスにおった8人を
次第に掌握していく。。

。。そして、犯人は、
被害者にある提案をした。。

「慰謝料」を払いたい。。

という。。

どれだけの金額を欲しいか
とかの話をそれぞれが
してるうちに

犯人も含めたバスの乗客全員に
奇妙な「連帯感」が生まれていく。。

そんな中、警察による
突入が入り、
犯人は、自ら持っていた銃で
自害してしまう。。

お金は送られてくるんか?

犯人の目的は何か?

こんな感じでストーリーが
始まっていくんやな。。

【ネタバレあり】結末や、感想など。。

結局ドラマ「ペテロの葬列」では、
以下の5つのストーリーが
展開されてると思うわ。。

それぞれの結末や真相なんかを
話していくわな。。

【バスジャック事件の結末は。。】

結局犯人は、自己啓発系の指導などを
きっかけに、多種のコンサル・指導などを
行ってきた羽田 光昭(長塚京三)の
「罪滅ぼし」のための犯行やった。。

(詐欺グループの指導などにも関与)

指導などを行っていた時の相棒、
御厨尚憲は、事前に殺害。。

しかし、このバスジャック事件の
被害者の1人、坂本 啓(細田善彦)が
前回のバスジャック事件をそっくり
マネた事件を実行。。

しかし、これは
杉村や田中 雄一郎(峰竜太)の
説得でケガ人や死亡者は
出なかった。。

。。ワイが思うに、
この2度目のバスジャックが
ストーリーをよりオモロく
してるんや
と思ったな。。

。。なんか、謎が解けてしまって
「はい、終わり」じゃ、
ちょっと物足りんかった気が
するので。。

【森元常務は最後どうなる?】

いろいろあったけど、
回顧録は無事完成。

グループ広報室の
みんなに祝ってもらった
直後に奥さんと
心中してしまう。。

最初の時点では
事件に関係しているように
見えて、実は
あまり関係なかった。。

【三郎の妻・菜穂子の禁断の恋の行方】

会長の秘書室の橋本(高橋一生)と
一夜を共にしてしまう。。

井手(千葉哲也)に証拠写真を
バラされて、そのコトが発覚。。

菜穂子(国仲涼子)本人曰くは、
杉村や子供の方が好きだったので、
「分からない」。。

という理由で。。

これで、なんと
杉村と離婚。

。。離婚までは
しなくても。。

と思ったのは、ワイだけ?

。。ま、セレブの
生活は分からんけどなー。。

【ミステリアスな女・間野 京子の謎】

なにかとミステリアスな
部分が多かった
間野(長谷川京子)やけど。。

結局は、元夫と
離婚した後に
元夫にストーカー行為的な
ことをされていた。。

しかし、その元夫は
数年後に死んでしまう。。

なんと、その後
間野は、ストーカー被害の
依頼をしていた弁護士、清田(野間口徹)に
嫌がらせ行為を受けていた。。

というオチ。

【杉村と間野の恋の結末は?】

何度も間野から
思わせぶりなコトを言われ、
心が絶対ゆれていたっぽい
杉村やけど。。

第2のバスジャックで
間野が被害者になった後で、
病院で間野とあった時に
間野から抱きつかれた時に、

自分からも、迷いながら
腕を回した。。

というトコロまで。

。。結局、恋愛には
発展しなかった。。

。。印象的なシーンが
最後、杉村が退職して
帰っていく時に、
間野はベンチに座って
杉村を待っていたんやけど。。

杉村は、これを完ムシ!

目も合さんと通りすぎた。。

このシーンは「ハッ」としたわ。。

普段の「ええ人」杉村なら、
恋愛に発展しなくても、
声くらいは掛けるハズ。。

菜穂子の浮気で別れる形に
なったけど、自分も間野に
心が揺れていたコトに
「同罪性」を感じたのか。。

それとも、
まったく気づかんかったんか?

。。でも、
間野もその様子を見て
むしろ納得したような顔で
職場に戻っていったんで。。

これはこれで
キレイな終わり方やったような
気がする。。

あと、杉村と
今多会長(平幹二朗)の
別れのシーンも良かったな。。

最初は、あんなに
近づきにくかった会長が

「寂しくなるな。。」

と言って、杉村の背中に
そっと手を当てるシーン。。

これは泣けたわ。。

スッキリする
ハッピーエンドや
悲しすぎる結末なんかと
違って、

なんか妙に心に残る
ラスト。。

観終わった後も
妙に考えさせられる。。

ええドラマやと思うで。。

【続編の可能性はある?ラストシーンに秘密が。。】

。。あ、あと
ラストに「to be continued..」って
出てきたんで、
「続き」があるかも
しれへんな~。。

ワイ、この杉村の
キャラがメッチャ好きなんで、
ぜひ続編 出てほしいわ。。

杉村が今多家を離れて
どうなるんか。。

それ考えるだけでも、
ちょっと楽しいわ。。

ちなみに、本の方でいうと。。
2016年6月20日に
「希望荘」という短編集が
出てるんや。。

単行本「希望荘」>>>

あと、同じ宮部みゆきの作品
「ソロモンの偽証」の文庫版
6巻に、杉村三郎を主人公にする
中編の小説「負の方程式」が収録されてる。。

文庫本「ソロモンの偽証」第III部 法廷 下巻>>>

なので、内容的には、
この辺りやろうと思うので、
次回作は、単発の事件を
集めた作品になるんやないやろうか。。

【ワイが観ながら書いたメモを貼っとくで。】

じゃ、最後にワイが
「ペテロの葬列」を観ながら書いた
メモを貼り付けとくわ。。

ワイが実際に泣けた
シーンには、各話ごとの時間を
記録してるんで、観返したい時とかに
参考にしてな。。

■■1話

居合わせた人から
展開するストーリーが
面白い

謎・展開

■■3話
間野
菜穂子にも言ってない慰謝料の秘密を
杉村は間野と共有した

菜穂子
香水、アヤしい。イヤリングも伏線っぽい。。

■■4話
ST
60、70年代にもてはやされた
→中には自殺に追い込まれる者も

41:30(泣)
今多会長
「園田はそのままでいい」

■■5話
杉村
ピアノ発表会を退席

橋本
出てくる(菜穂子が呼んだ様子)

足立と井村、北見の親子

日商フロンティア 
代表 小羽
経営コンサルタント 御厨尚憲

「3悪人」は上級会員

■■6話
井村 絵里子(入山法子)
自殺を止めようとした
高越 勝巳(水橋研二)を
誤って刺してしまう。。
→足立のせいにしようとした(高越)
→自首する(井村)

15:30(泣)
井村の告白
「気持ちよかった」

間野→菜穂子
自宅に訪問してエステをする

編集長の慰謝料
300万

みんなが集まる

迫田 とよ子(島かおり)の娘も。。

迫田の慰謝料
700万
→日商フロンティアに騙された

■■7話
クラステ海風のバス停で
泣いていた迫田
→暮木と話す

暮木
「数ヶ月以内にあるコトを。。」

お金を戻すため

10:00(泣)
真実が分かる

騙されたフリをして
逮捕もされず、
のうのうと生きている人間
=「三悪人」

迫田の娘
「どうかお願いします。。
 警察には。。」

→みんなが届けれなくなった

31:00(泣)
田中 雄一郎(峰竜太)
「この金はもらえねぇ。。
 迫田の婆さんにやる」

柴野 和子(青山倫子)
「(自分で)使います。」
→暮木は自分を選んだ
→娘を大学まで行かせられる

話をする間野と杉村
→それを見て菜穂子は、橋本を。。

杉村(ナレーション)
「幸せの青い鳥は すぐ側に
 いると信じていた。。
 信じていたのだ。」

■■8話
菜穂子
「結婚するときから
 ずっと、役に立ってあげられなくて」

赤い靴

前野 メイ(清水富美加)
かみくらスーパー→今はコンビニ

全部しゃべってしまった!

「お収め下さい」と言って
電話を切った。

会長、外遊
→医師をつける

森元常務
回顧録、出さない
→もう一度 頼むことに。。

今多会長→杉村
理不尽から何かを得る

24:00(泣)
杉村、会長に握手を求められる
「その方がいい、君らのためには」

杉村
「義父は全てお見通し
 僕が今多家から距離をおきたいと
 思っているコトは。。」

森元常務の妻
「出張なの?」
→クラステ海風、延期

井手が来る。。

井手→杉村
「あんた、間野が好きだろ?」

any timeに行く

45:00(泣)
早川 多恵(冨士眞奈美)
「羽田 光昭って言います」

■■9話
幼なじみ

羽田は、金持ちだった
10歳の時 火事で孤児に。

1年前の事故(生徒がケガ)(編集長?)

御厨は独立

暮木は片腕に

坂本がバスジャック

■■10話
「御厨尚憲を連れてこい」

田中
「(坂本を)使ってやる」

橋本
切り上げ帰国
会長が緊急入院→面会謝絶

間野の弁護士が来る

間野→坂本
「弱いあなたと戦いたくない」

34:00(泣)
暮木
「命を持って償う」

39:00(泣)
坂本と杉村の電話

坂本
「俺、投降するよ」

杉村
「やり直せる
 みんなが優しいのは、
 君の中に自分を見るからだよ」

44:00(泣)
田中
「待ってるから。。
 待ってるぞ!」

■■11話(最終回)
井手が森のトコロに(心中)

井手
隠したい→杉村は拒否

井手
「俺宛ての遺書はなかった」

→菜穂子の不倫を暴く

菜穂子
「お互いの人生を取り戻しましょ。。」

「自分で生きないといけないって
 あなたは教えてくれた」

32:00(泣)
杉村
娘のおでこに泣きながらキス

33:00(泣)
睡蓮で泣きながらスープを飲む
マスターと話す

1ヶ月後

「橋本は辞めた」

40:00(泣)
「愛は犠牲だ。。
 妻に教えられた」

手島
「次期編と呼んで下さい」

杉村
ローカル線のアテのない旅に

杉村(ナレーション)
「人生とは
 毒と苦渋と理不尽
 そして ほんのひとさじの
 美しいモノで成り立っているのだから」