えー吉えー吉

これは、ホンマかなり泣けるドラマや!病気と戦いながらも懸命に愛しあう高校生を、山田孝之と綾瀬はるかが熱演してるで!

大好きな綾瀬はるかちゃんの
名作、ドラマ版「世界の中心で、愛をさけぶ」を
観てみたで。。

このドラマは、最高や!

ワイの評価の中でも、
今までで最高評価の4.8を付けたで。。

ちなみに、当時ブームにまでなった
この「セカチュー」は、
映画版が先に大ヒットしたんや。。

その後に、ドラマ版が放映され、
これもヒットしたんやけど。。

どちらかと言えば、
映画版の方がみんなの
印象に残っているんかも。。

という感じやな。。

。。でも、綾瀬はるかちゃんファンの
ワイとしては、
このドラマ版がメチャ気に入った。。

なので、映画版は観てないんや。。

。。なんか、他のバージョン
観てしまうと、せっかく
気に入った世界観が壊れてしまいそうなんで。。

(もともとの原作は小説らしい)

なので、ドラマ版のみの
レビューをしていくで。。

。。じゃ、ワイの感想の続きとかは
このページの後半でな。。

ドラマ「世界の中心で、愛をさけぶ」の情報

ジャンル:学園・純愛・闘病

どんな話?:高校生の純愛が不治の病に引き裂かれてしまう話

評価 年代 話数
4.8★★★★★ 2004年 11話+SP
  • 出演:山田孝之、綾瀬はるか、松下由樹、緒形直人、桜井幸子、仲代達矢、夏帆
  • 脚本:森下佳子

■2016年8月9日時点での配信・商品ラインナップしているサービス
   

注:2016年8月9日時点の情報です。各サービスのラインナップは変更になる可能性があるので、公式ページで確認して下さい(上のロゴをクリックすると公式ページに移動します)。

ドラマ「世界の中心で、愛をさけぶ」の見どころ

  • 山田孝之と綾瀬はるかが高校生の純愛を熱演!
  • 病によって引き裂かれていく二人の切ないストーリー

まず、このドラマの
見どころはやっぱり主演の二人や!

「高校生」の役で、
12年前になるんやけど。。

今となっては、どちらも
「一皮むけた」大物になったけど
当時は、まだ若々しい感じがして、
それが高校生という役柄に
めちゃマッチしてる
と思う。。

綾瀬はるかちゃんは、
どちらかと言えば、

  • 成績も優秀、スポーツも得意
  • 明るく、ハキハキしている
  • 負けず嫌いで頑固な一面も。。
  • でも、優しく包み込む「抱擁力」みたいなのもある。。

という「優等生」的な役や。。

そんで、山田孝之の方は、

  • 成績もパッとしない。。
  • 将来についても あまり考えたことがない
  • よく、物をなくしてしまう。。
  • ボソボソと話す。。

暗くて地味な存在とまでは
いかないんやけど、
よくある普通の高校生っていう感じ。。

でも、恋愛には
本当に一生懸命になる。。

ちょっと、田舎っぽい街で
二人が育んでいく純愛は、
本当に観てるだけで、
なんかキュンキュンしてしまう
んや。。

。。でも、
そんな二人の幸せな生活も
長くは続かんのや。。

亜紀(綾瀬はるか)が
病気になってしまうんやな。。

ここからの展開は、
本当に悲しい感じに
なってしまうんやけど。。

それでも、お互いを想い合う
気持ちがホント伝わってきて、
かなり泣ける話しなんや。。

。。あと、綾瀬はるかと山田孝之の
コンビでは、数年後に
⇒ドラマ「白夜行」というのも
出てるねん。。

こっちは、ちょっと罪深い
ストーリーになってるけど、
同じく純愛系や。。

セカチューを好きになったんやったら
観てみて損はないと思うわ。。

。。あと、一点だけ言うとくと、
この話は、17年後の主人公が
過去を振り返りながら
進んでいくっていう構成なんやけど。。

朔太郎(山田孝之)の17年後の
設定がなぜか緒形直人なんやな。。

っちゅうか、顔も
そんなに似てないし。。

。。で、この
17年後の朔太郎がメッチャ
ウジウジしとんねんな。。

しかも、そのシーンが
微妙に長い。。

なんか、これは、
微妙に感情移入を阻害されたわ。。

原作の小説にはない
設定らしいけど。。

余計なモン付けた
気ぃするで。。正直。。

。。ま、付けるにしても
もっとサラっとにしといた方が
良かったと思う。。

。。あと、このドラマには、
ワイが最近注目してる夏帆ちゃんも
出ててんな。。

山田孝之の妹役で。。

正直、この段階では
ノーマークやったわ。。笑

ドラマ「セカチュー」のあらすじとは…

この話の始まりの部分だけ
あらすじを言うていくと。。

まず、松本朔太郎(山田孝之)と
廣瀬亜紀(綾瀬はるか)が
初めて知り合うきっかけになったのは、
高校の先生のお葬式。

(二人は、県立宮浦高校の生徒で
 しかも、同じクラスや)

亜紀は、弔辞を読んでいたんやけど、
突然スゴい雨が降ってくるねん。。

みんなは、テントの下とかに
避難したんやけど、
亜紀は、そのままずぶ濡れで
弔辞を読み続ける。。

その時に、そっと後ろから
傘をさしてあげたのが
朔太郎(山田孝之)
やった。。

それから、二人は話すようになり、
やがて恋愛に発展していく。。

でも、亜紀(綾瀬はるか)には
ある病気の影が忍び寄ってきていた。。

そんな感じで話しが
進んでいくんや。。

■2016年8月9日時点での配信・商品ラインナップしているサービス
   

注:2016年8月9日時点の情報です。各サービスのラインナップは変更になる可能性があるので、公式ページで確認して下さい(上のロゴをクリックすると公式ページに移動します)。

【ネタバレあり】ワイの感想は。。

ここからは、ネタバレも
含めて話していくで。。

結局 亜紀(綾瀬はるか)は
当時 治療法が確立されていなかった
白血病になってしまい、
亡くなってしまう
、というのが
結末。。

本当に、そのままの
結末になってしまうんやけど。。

【セカチューのクライマックスはこのシーン!】

ラスト辺りでワイが感動したのは、
やっぱり このシーン。。

かなり死期が迫っている状態で、
亜紀は「ウルルに行きたい」と
言い出し、朔太郎(山田孝之)は
連れて行こうとするんや。。

。。でも、空港の中で
飛行機に乗ることもできず、
意識が朦朧に。。

その時、朔太郎の腕の中で、

「天国なんて、ない。。

 だって、ココが天国だもん。。

 好きよ、サクちゃん。。」

と言って、意識を失う。。

このシーンが最高に泣けた。。

(っちゅうても、最後の2話くらいは
 ほとんど泣きっぱなしな感じやった。。笑)

あと、最後に
亜紀が朔太郎に渡しそびれた
絵本のプレゼント。。

あれも、感動的やった。。

【その他のワイが泣けたシーン】

このドラマ、
ホンマにボロボロ泣けるシーンが
多かったで。。

  • おじいちゃんが死んで悲しむ朔太郎を亜紀が抱きしめるシーン
  • 入院して、両親に離されていた二人が再会するシーン
  • 朔太郎が婚姻届を持って亜紀に会いに行くシーン
  • 坊主頭になってしまった亜紀とフィルムごしにキスをするシーン

まだまだ あったと思うわ。。

ちょっと、悲しいドラマやけど、
最高の純愛ドラマやと思う。。

(追記)もう一回
観返してみたんで、泣けるシーンを
追加しとくわ。。

時間もメモっといたんで
参考にしてな。。

■■1話
38:00
朔太郎、亜紀に
テープ入りの
ウォークマンをプレゼントする。

■■2話
32:00
謙太郎(仲代達矢)が骨を取る。

40:00
亜紀と朔太郎のキス。

■■3話
24:00
親孝行・自転車に

38:30
朔太郎と潤一郎(高橋克実)
「自転車の約束」

■■4話
32:00
龍之介(田中幸太朗)、行く

■■6話~
泣けるシーンの連続

。。て、
6話からは、正直
泣きっぱなしやった。。

んで、泣けるシーンの
記録は実質 無理やな。笑

なんか、1回目観た時より
2回目の方が
泣けた気がするわ~。。

【このドラマのラストシーンは、こんな形】

防波堤の上を走る高校生の朔太郎(山田孝之)。。

立ち止まった朔太郎の肩を
後ろからポンポンと叩く人が。。

振り返ると、人差し指が
朔太郎の頬に当たる。。

これって。。

亜紀(綾瀬はるか)や!

「ビックリした?」

と言って笑いかける亜紀。。

「したよ。。」

と言って、朔太郎も笑い返す。。

二人は手をつないで
防波堤の上を歩く。。

。。そして、亜紀が朔太郎のために
作った絵本の最後のページが映る。。

そこには、赤い字で大きく

「がんばれ」

と書いてあった。。

こんな終わり方やった。。