えー吉えー吉

うん、そこそこ面白かった映画やな。。超 気が弱い元ロックミュージシャンの話し。。やっぱり、長谷川博己さんがメチャええ味出してくれてるわ!

他の映画を観た時に、
「予告編」を見て、
ちょっと観てみたいなぁ。。
と思った作品。。

それが、この
「ラブ&ピース」やった。

昔、バンドマンをしてたんで、
やっぱり音楽モノ、
とくに「ロックな感じ」が
するモン
には
惹かれるんやな。。

で、観終わった
感想は。。

うん、まあまあ
面白かった!

ワイ、やっぱ
園子温さんのどこか
哀愁のある感じが好きやな。。

ストーリーは 正直、
そこそこやけど、
園さんの世界観が
なんとなく、観ててよかったわ。。

。。じゃ、ワイのくわしい感想の続きとかは
このページの後半で。。。

映画「ラブ&ピース」の情報

ジャンル:コメディ・音楽モノ・ファンタジー・弱者

どんな話?:超 気の弱い、元ロックミュージシャンのサラリーマンが、ある日、一匹の亀を飼うんやが。。

評価 年代 時間
3.0★★★☆☆ 2015年 117分
  • 出演:長谷川博己、麻生久美子、西田敏行、奥野瑛太、渋川清彦
  • 監督:園子温

■2017年4月17日時点での配信・商品ラインナップしているサービス
   

注:2017年4月17日時点の情報です。各サービスのラインナップは変更になる可能性があるので、公式ページで確認して下さい(上のロゴをクリックすると公式ページに移動します)。

映画「ラブ&ピース」の見どころは…

  • 光と影。。哀愁が漂う世界観。。
  • 長谷川博己はやっぱりええ!あと、西田敏行さんも…
  • 楽曲・音楽はよかったなぁ。。

まず、この「ラブ&ピース」の
見どころっちゅうたら、
「光と影」ほんで、「哀愁」やと
思うわ。。

ちょっと言い過ぎると
ネタバレになってしまいそうなんで
止めとくんやけど。。

同じ園子温さんの
「みんな!エスパーだよ!」でも
漂ってた、この「哀愁」の
雰囲気。。

ワイは、けっこう
好きなんやなぁ。。

。。で、その「光と影」の
部分のハマり役が
長谷川博己さんと思う!

ドラマ「家政婦のミタ」でも
ええ味出してたけど、、
この作品でも、かなり
ええ感じやった!

序盤は けっこう
コメディっぽい要素が
大きかったんやけど、、
なんなく演じてたと
思うなぁ。。

スゴい幅のある
役者さん
やと思った。。

。。あとは、
西田敏行さんかなぁ。。

飲んだくれの
謎の老人って役
なんやけど。。

かなりハマってたで。。

。。あと、役者さんでは、
さっきも言った
「みんな!エスパーだよ!」
出てた人が、ちょこちょこと
顔を出してたと思う。。

うっかりすると、
見逃してしまいそうな
トコとかに。。

。。あと、やっぱ
この映画、音楽モノだけ
あって、音楽は
めちゃ印象に残ったなぁ。。

主人公が劇中で
歌う曲は、

「なんか、どっかで
 聴いたコトありそうな歌」

って感じなんやけど、
妙に耳に残ったわ。。

(これって、園さんが
 作詞・作曲してんねんな)

。。あと、主題歌の
RCサクセション、
「スローバラード」!!

。。これ、昔
めっちゃ好きな曲やったん
やけど、、

かなりハマる場面で
使われてて、
ホンマ感動
やったわ。。

あと、
最後のインストも良かったな。。

。。つまり、音楽は
全般的に かなり良かったと思う。

映画「ラブ&ピース」オリジナルサウンドトラック>>>

RCサクセションの「スローバラード」も
オリジナルが収録されてる
みたいや。。

映画「ラブ&ピース」のあらすじ(冒頭部)

。。じゃ、この映画の
あらすじを、最初の部分だけ
話していくわな。。

最初、この映画は、
テレビ番組の討論番組から
始まる。。

(「朝まで生テレビ」やな)

(田原総一朗や、
 茂木健一郎が
 リアルに主演してる。笑)

テーマは、

「東京オリンピックを問う!2020」

や。。

最初のうちは、
普通に討論してたんやが。。

そのうち、
鈴木 良一をディスりだす。

元ロックのバンドマンやったが
3度のライブで あまりの
ファンのつかなさに解散。。

そして、就職をした。。

。。って、そのテレビを
鈴木 良一(長谷川博己)が
見てる。

彼は、どこに行っても
そうなんや。。

電車に乗ったら、
周りの人、全員に
ニラまれるか、
バカにされたような半笑いを
される。。

もちろん、会社に
行ってもそう。。

。。っていうか、
自動ドアも開かない。。

そして、良一は、
胃腸が弱く、
人に何か言われると
スグに腹痛になって
しまう
んやった。。

。。でも、社内に
一人だけ、
良一の味方になってくれる人が。。

寺島 裕子(麻生久美子)や。。

彼女自体も ちょっと
暗めの女性なんやが、、
腹痛を起こしてる良一に
胃腸薬を渡してくれたんや。。

そして、良一は、
この寺島さんが
大好き
やったんや。。

。。で、ある日、
良一は、売られていた
亀のコトをすっかり
気に入ってしまい、購入
する。

そして、家で、
良一は、ステージ衣装に
着替え、ギターで
弾き語りを披露した。。

そして、亀に
「これが俺の本当の姿」だと
話しかけた。。

どうやら、まだ
良一は、BIGになりたい、
という夢を捨てきれて
ないようや。。

。。しかし、こんなに
うだつの上がらない良一に
スゴい展開が待っているコトは、
この時、誰も知らなかった。。

。。と、こんな感じで
話しは進んでいくんや。。

■2017年4月17日時点での配信・商品ラインナップしているサービス
   

注:2017年4月17日時点の情報です。各サービスのラインナップは変更になる可能性があるので、公式ページで確認して下さい(上のロゴをクリックすると公式ページに移動します)。

【ここからネタバレ含む!】真相やワイの感想など。。

。。じゃ、こっからは、
ネタバレも入れて、感想とかを
話していこうと思うんで、、
話しの内容を知りたくない人は、
気ぃつけてな。。

まず、全体的な感想を
言うと。。

正直、良一の気持ちの
変化とか、、

(寺島への想いや、
 最終的に亀のコトを
 どう思ってたか、とか)

若干 分かりにくい部分は
あったんやけど、
なんか、雰囲気は
けっこう楽しめた作品
やなぁ、
と思った。

やっぱり、ワイ、
ロックとか、音楽とかが
好きなんで、それを
題材にしてる作品は、
観てて、けっこう楽しめるんやな。。

。。あと、長谷川博己が
スターになった時が、
けっこう カッコ良かった
な。。

ちょっと古いけど、
及川ミッチーかな、、と
思わせる感じで、
シュッとしてて、よかった。。

。。でも、ちょっと
泣けるシーンはワイにとっては
ほぼ、なかった
な。。

唯一、ガラクタ天国で、
ガラクタたちが
「ラブ&ピース」を合唱する
シーン。。

あそこだけ、なぜか
ウルっときたけど。。

。。て、あと余談やけど、
あの人形のマリアって
ショコタン(中川翔子)が
やってんねんな。。

PC‐300の声が星野源っちゅうのも、
なんか笑えるトコやな。。

【亀に何が起こったのか?】

良一にトイレに
流されてしまった亀は、
下水道とかを流され、
最終的に、

「ガラクタ天国」

というトコに辿り着いたんや。

ここでは、謎のじいさんと
ガラクタたちが住んでいた。

ガラクタたちは、じいさんから
もらった飴をなめて、
しゃべれるように
なってるんや。。

。。で、亀にも
じいさんは、飴を渡したんやが。。

まちがって、

「願い事が叶う飴」

を渡してしまった。

この飴は文字通り、
願い事を叶える効果があるんやけど、
その願い事の大きさや数によって、
自分の体が大きくなってしまう

という副作用があるんや。。

。。で、良一のコトが
大好きやった亀は、
良一の願いを叶えるように
なり
、どんどん体も
大きくなってしまった。。

【謎の じいさん(西田敏行)の正体とは。。】

ガラクタばかりを集めて
世話をしてた
「ガラクタ天国」の主の
じいさんは。。

実は、
サンタクロースやったんや。。

クリスマス・イブの日に
「スペシャルドリンク」と
称した ある飴を混ぜた
ドリンクをガラクタたちに飲ませて、
箱に入れると。。

ガラクタたちは、
新品のようにキレイに
よみがえるんや。。

そして、じいさんは、
ガラクタを集めては、
クリスマス・イブにプレゼントする
というコトを繰りかえしてる
、、
っちゅうワケや。。

【この映画の結末は。。】

念願の「日本スタジアム」での
ライブを達成した良一は。。

日本では、飽き足らず、
「世界を目指す」とマネージャーに
言う。

すると、亀は、
相当 巨大化して、
捕らわれてた研究所を
破壊してしまう。。

そのまま、亀は、
日本スタジアムに
姿を現した。

最後に謎のじいさんから
「しゃべれる飴」をもらってた
亀は、昔の良一の言葉を
そのまま話す
んや。。

昔の良一自身を「氷山の一角」と
言い、いずれ俺はBIGになる
言ってたコト。。

。。で、寺島 裕子を
大好きだと言ってた
コト。。

そして、それを言うと
亀は光り、天へと
昇ってった。。

泣きながら、会場を
後にする良一。。

【「ラブ&ピース」のラストシーンは。。】

良一は、今の家でなく、
亀と住んでいた昔の
アパートに戻ってくる。

すると、
窓の枠から、亀が
這い上がってきた。

(これは、普通のサイズ)

良一は、

「亀。。お前か。。」

と言う。

その時、寺島が
アパートの階段を
駆け上ってくる。

息を切らして。。

。。で、終わり。

なんとも、余韻を
残す終わり方やったけど。。

やっぱり、良一の
心情はイマイチ分からん
というのが
本音やな。。

【この映画には、原作はある?】

この「ラブ&ピース」は、
実は、監督・脚本の園子温さんが
無名のかなり若かった時代に
作ってた脚本
のようや。。

それを長い年月を経て、
ようやくリリースした、
っちゅう感じ。。

なので、原作はない、
園子温さんのオリジナルの
ストーリーというワケやな。。

。。ただ、この作品は、
園子温さん本人によって、
「絵本化」されてる
んや。。

絵本「ラブ&ピース」>>>

ノベライズじゃなく、
「絵本」というトコが
面白いな。。

子供に読み聞かせたら、
どんな大人に育つんやろうか。。

。。あと、この「ラブ&ピース」は
わりと動画配信サービスに
出回ってる系の作品やな。。

ちょっと前までは、
出てなかったんで、ワイは
⇒ツタヤdiscas で借りたんやけど、
今、調べてみたら、⇒dTV にもあったわ。。

【ワイが書いた詳細な流れのメモ】

。。じゃ、最後にワイが
この「ラブ&ピース」を
観ながら書いた、詳細な流れのメモを
つけとくで。。

一応、泣けたシーンには、
その時間を振ってあるけど、
今回は1ヶ所だけ、、やったと思う。

↓↓↓ スタート ↓↓↓

討論番組。。

「東京オリンピックを問う!2020」

最初の方は、
普通に討論をしていたが、
鈴木 良一をディスりだす。

鈴木 良一(長谷川博己)
元ロックバンドマン、
3度のライブで あまりにも
ファンがつかなかったコトから
解散。
→そして、就職。

電車に乗ると
みんなに ニラまれる。

常に腹痛がしてる。

社内でも、みんなに
バカにされ。。

また腹痛。。

寺島 裕子(麻生久美子)、
薬をくれる。

良一、亀を衝動買い。

家。。

ステージ衣装を着て、
弾き語り。

→亀に「これが本当の姿」だと
 話す。

→BIGになりたいと思ってる。

(東京オリンピックで
 建設予定の、日本スタジアムでの
 ライブが目標
。)

次の日。。

やっぱりダメな男。。

(亀を持っていってる。)

---

亀だけが友達の毎日。。

(亀はピカドンと名付けた。)

---

ある日、会社。。

亀を発見されてしまう。

課長(マキタスポーツ)

「それがお前のピースか!」

逃げる良一。。

みんなに笑われる。

→つい、トイレに
 亀を流してしまう。

後悔する良一。。

---

亀は。。

ガラクタ天国に
たどり着いた。

ぬいぐるみや
動物、おもちゃが
たくさん。。

飴を
 じいさん(西田敏行)から
 もらうと、しゃべれる
 ようになる。

飴をもらう。

みんなが、眠ってから
覚醒
する!

---

その時、良一にも
歌詞になる言葉が
光って見えるように
なる。

亀にあげた飴
言葉がしゃべれる飴じゃなく、
願い事がかなう飴だった。

願い事の数や
 大きさで体が大きくなる。

みんな、欲しがる。

---

良一、ひょんなコトから
路上ライブで歌を披露。
(光ってた歌詞の歌)

スゴい反響。

---

亀、喜んでる。

---

でも、会社。。

やっぱり、ダメ呼ばわり。

でも、来客が。

レコード会社の目に
とまった!

松井(松田美由紀)
プロデューサー。

「Revolution Q」の
ボーカルになる。

→スターにしてみせる、、
 いや、なってしまう!

良一、
「ワイルド・リョウ」に。。

→会社も辞める。

会社の人たちに、
ライブのチケットを渡す。

1週間後、レコーディング。。

10日後、ライブ。。

スゴい人気。

前の会社の人→良一
「スゴいよ。。」

良一、ほぼ無視。

寺島に
「今日は、来てくれて
 ありがとう。。」

寺島を新しい家に
招待する。

---

ガラクタ天国。。

ガラクタたちから
不満の声があがる。

じいさん
「1ヶ月以内に
 前よりも いいトコに
 送り届けるから。」

じいさん、「水を飲む」と言って
酒を飲んでいる。。

56:00(泣)
人形のマリア(中川翔子)
「ラブ&ピース」を歌う。

→みんなも歌う。

家。。

新曲作り。。
→できない!!

亀が来る。

メロディを歌う。

本を倒したら、
歌詞のように
並んでいく。。

その時、来客。

→寺島。

良一、亀を隠すが、
見つかる。

気にしないという
寺島だが、こだわる良一。

(俺は、あの時の
 鈴木良一じゃない。)

寺島を追い払うと、
亀もいなくなってる。

---

良一、メンバーに
知らせずに新曲を。。

メンバー、怒る。

良一
「誰のおかげで
 ここまで来れたと
 思ってるんだよ!!」

(完全、天狗。)

「。。よし、行くぞ!」

新曲のPV。。

→ メンバーが骨抜きに。

パーティー。。

「寺島 裕子って人が
 来てますけど?」

「会いたくない。。
 帰して。」

---

じいさん、
誰もガラクタ天国から
出れないように。。

---

ニュース。。

巨大な亀が出没。

寺島→良一に電話。

「どうして会って
 下さらないの?」
「亀のコトを知られたのが
 嫌だから?」

「あの頃の俺を
 あざ笑っただろ!」

---

じいさんに酒を
飲ませて、脱出。

亀、マンションじゃなく、
コンサート会場へ向かう。

良一は、解散発表を
する。

メンバー、ビックリ。
マネージャー/稲川 さとる(渋川清彦)は
ニッコリ。

記者会見に亀が
出現。

うまく取りなす
良一。。

控室。。

怒るメンバー。。

良一、みんなを
張っ倒す。

「いいぞ、、これからも
 俺のバックで
 演奏してくれや。。

泣きながら、、
「ありがとう。。」

亀、警察に保護。

→研究所へ。

マリア、街に残る。

---

良一、研究所に。。

お願いします。
1週間に1度は、
会わせて下さい。

驚くべき事実が
次々と。。

---

マリア。。

ユリちゃん(前の持ち主)を
見つける。

別の人形を
買ってもらってる。

---

じいちゃん、
スペシャルドリンクを
みんなに振る舞う

(何かの飴を
 入れてた。)

じいちゃん
「バイバイ。。バイバイ。。」

---

じいさん、マリアを
探し出し、ドリンクを
飲ませる。

→ガラクタ天国に戻る。

みんな、キレイに
ラッピングされてる。

マリアも箱に入れると
キレイな姿に。。

じいさん、サンタだった。

「行くぞーーーっ!」

---

日本スタジアム、ライブ。。

会場に行く途中。

良一→マネージャー
もっとBIGになりたい。
世界、目指します。

---

研究所。。

じいさん、来る。

(大人には見えない。)

しゃべる飴を亀に
食べさせる。

良一の夢で亀が巨大化。

→研究所を突き破る。

西へ。。

スタジアムに現れる。

亀、昔、良一に言われた
「氷山の一角」の話し
そのまま しゃべる。

「寺島 裕子が好きだ」
言ってたコトも。。

亀、光って
天に昇っていった。。

良一、泣きながら、
会場を去る。。

元の家に戻ってくる。

窓の枠に、亀が
這い上がってくる。

「亀。。お前か。。」

寺島がアパートに来る

息を切らせて。。

終わり